写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マツダは25日、フラッグシップモデル「アテンザ」を商品改良して発売した。「人間中心の開発哲学」にもとづく最新技術をあらゆる面に採用している。

丹念な造り込みと高品質な素材で磨き上げた上質感のあるインテリアデザインを「L Package」に採用。ホワイトとブラックのインテリアカラーで落ち着きある空間を表現し、シート素材は上質でしっとりしたなめらかな触感のナッパレザーを採用した。

インパネデコレーションパネルやドアトリムスイッチ、シフトパネルは専用カラーでコーディネートし、パワーシートスイッチ、グローブボックスのノブも専用加飾で高品質感を演出。専用アクセントをあしらったステアリングホイールも採用している。

新世代車両運動制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」の第1弾として、人間の身体感覚に合った自然なクルマの挙動を実現して安心感を提供する「G-ベクタリング コントロール」、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」のノック音自体を抑制し、心地良いエンジンサウンドを追求した「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」も採用。歩行者検知が可能な「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」をはじめ、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」も機能を充実させている。

エクステリアカラーには、リアルな金属質感を実現した新色「マシーングレープレミアムメタリック」を採用したほか、「ソウルレッドプレミアムメタリック」などの全10色をラインナップ。「アテンザ」はセダンとワゴンの2タイプあり、ともに価格は276万4,800〜400万1,400円(税込)となっている。

(木下健児)