苦しい出だしとなった永峰咲希だが、「去年よりもしのげた」と成長も感じ取っていた(撮影:ALBA)

写真拡大

<ニトリレディス 初日◇25日◇小樽カントリー倶楽部(6,494ヤード ・パー72)>
 北海道にある小樽カントリー倶楽部にて「ニトリレディス」が開幕。今季から主催の株式会社ニトリと所属契約を結ぶ永峰咲希、篠原まりあ、高木萌衣の“ニトリ3人娘”は、1オーバー29位の永峰が最上位。総じて苦しい初日となった。
“ニトリ3人娘”は苦戦…大会の様子をライブフォトでチェック
 
 その永峰は「前半ショットが曲がり過ぎていました」と苦しい立ち上がりがあだとなりスコアを伸ばせず。ただ収穫もあり、「最初浮足立っていたところもありますが、去年よりもしのぐところはしのげました」と成長を実感。「ティショットがフェアウェイにさえ行ってくれればもうちょっとスコアになると思うので、チャンスを増やせるように頑張りたい」と練習場に足を向けた。
 昨年の新人戦覇者・篠原まりあは「先にボギーが来ても焦らずプレーできましたが、後半の4番で3パットしてしまって訳が分からなくなってしまいました」とそこからダボ、バーディを挟んで連続ボギーと旧転落。6オーバーの93位タイという初日に。「ホステスとして予選通過は最低限だと思う。盛り返すしかないのでスコアを伸ばしていけるように頑張ります」と逆転での予選突破を狙う。
 13オーバーの119位に沈んでしまったのは高木萌衣。「前半ボギーが止まらなくなって身体が動かなくなってしまった」と大苦戦。後半も50cmパットを外したりと厳しい戦いになってしまった。それでも「もうやりきるしかない。明日はしっかり笑ってプレーできるように頑張ります」と前を向きクラブハウスを後にした。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム第26回】
藤田光里がサッカーボールを打つ!? CHROME TOUR TRUVIS実戦投入
続々追加中!女子プロ写真館