2番のセカンドショット、このホールはここからパーをセーブ(撮影:上山敬太)

写真拡大

<RIZAP KBCオーガスタ 初日◇25日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,151ヤード・パー72)
 国内男子ツアー「RIZAP KBCオーガスタ」初日に“66”をマークし、首位タイ発進を決めた石川遼。1月の怪我以降は約半年間ツアー出場なし。『日本プロゴルフ選手権 日清カップヌードル杯』で復帰したものの万全な状態には程遠く、本格的な復帰戦となった今大会で最高のスタートを切った。
弟・航は姉の葉子さんとコンビを組んで出場
 ビッグスコアの要因は「ウェッジを含めてのアイアンの距離感」が良かったこと。石川が復帰にあたり、危惧していたのは「この1か月の調整ではドライバーがすごくいいリズムで打てていて…それがアイアンでできるか?、と」。試合前日も体の調整は万全ながら“試合勘にかかわる1ヤードの精度”がキーポイントと語ったが、初日は前半から手ごたえを掴んだ。
 初バーディを奪った12番での2打目。7番アイアンで3mのチャンスにつけたショットで「タイミングがしっかり合ったいいスイングができて…“アイアンは良くなった”と思えた」と確信を得ると、その後1バーディ・1ボギーで迎えた17番202ヤード・パー3も7番アイアンでチャンスを作り、2アンダーに。
 勢いに乗った石川は続く18番パー5、残り210ヤードの2打目で再び7番アイアンを選択するとピン奥3mにつけイーグルチャンスを創出。しっかりと決めきって上位に顔を出すと、後半も2バーディ・ノーボギーの安定したプレーを見せ、6アンダーでホールアウトした。
 もともと石川はドライバーについては曲がりを気にせずに、ラフにいっても芯にしっかり当たるように振り切るタイプ。この日もフェアウェイに残ったのは本人いわく2度だけだが「数字以上にドライバーの手ごたえがある。振り切れている」。
 “2打目以降でスコアを作っていけばいい”という思考を持つが、2016年1月に発症した腰痛以前の2015年終盤はアイアンの精度に苦しんだ。最終戦「JTカップ」では自身初の国内メジャー優勝をはたしたものの、その前週の「カシオワールドオープン」では黄重坤(韓国)に手痛い逆転負けを喫し、試合後には松山英樹や宮里優作らと自身のアイアンの精度を比較し、レベルの違いを口にしていた。
 それゆえ復帰への準備段階では、アイアンでのスイング作りも重要なポイントに。「トンカチで釘をバチっと打ちつけるようなタイミングが理想。それがベースになれば距離感が合ってくる」とショットを念入りに磨いてきた。
 予選落ちした「日本プロ」では「いい当たりで打てるかわからない状態で、距離感を合わせるのが難しかった」ものの、以降の1か月半で理想に一歩近づけてこの日は「平均点以上のプレーができた」と振り返った石川。この日はアイアンショットに対する不安と腰痛という2つの要素を払拭、この勢いが持続できれば復活優勝も視界に入ってくるだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>