【トキメキ調査】「絶世の美少年 レオ様」と今現在の「ワイルド レオ様」 どちらが好み? 映画好きの乙女に聞いてみたよ♪

写真拡大

今度こそ、今度こそと期待され続けて、はや幾年。そしてとうとう今年2016年2月、『レヴェナント:蘇えりし者』でアカデミー賞主演男優賞を受賞した 、 “レオ様” ことハリウッド俳優のレオナルド・ディカプリオさん。

レオ様といえば、41歳となった今でこそワイルドかつ貫禄たっぷりな容姿ですが、若かりし頃は誰もが認める絶世の美少年として知られていました。

【若い頃と現在、どちらのレオ様が好き?】

王子様のようなビジュアル、儚げでどこか危うい雰囲気に、みーんなメロメロ。ベルリン国際映画祭男優賞を受賞した作品『ロミオ+ジュリエット』や大ヒット作『タイタニック』の頃のレオ様に恋焦がれていた、なーんて方も少なくないのでは?

正直なところ、日本の女性たちは今のレオ様と昔のレオ様、一体どちらを好ましく思っているのでしょう。

この素朴な疑問を実際に聞いてしまったのが「トーキョー女子映画部」。『レヴェナント:蘇えりし者』のブルーレイとDVDが2016年8月24日(水)に発売されたことを記念して、みんなの本音をチェックしたらしいのですっ

【どっちが好き?】

10代を含む「トーキョー女子映画部」女性249名に、ズバリ聞いています。

「王子のようなレオナルド・ディカプリオと、貫禄満点のレオナルド・ディカプリオ、どちらがお好き?」

……気になる結果は、こちら!
・若い頃の王子のようなディカプリオ:64.3%
・今の貫禄たっぷりのディカプリオ:35.7%

【「若い頃」支持派が全体の約2/3という結果に!】

ご覧のとおり、若い頃のレオ様の、勝ち〜!

若い頃支持派からは、「若い頃は本当にイケメン」(20代後半)、「『ロミオ+ジュリエット』の美青年が忘れられません!」(20代後半)、「短髪イケメン、髭のないディカプリオに会いたい!」(20代後半)といった声が、寄せられておりましたよ。

【たしかにあの頃のレオ様は美しかった】

さてみなさんはこの結果をどう思います? その昔、『太陽と月に背いて』という映画で美少年レオ様の妖しい美しさに衝撃を受けた私としましては納得の結果でした。

【だけどやっぱり、今のレオ様もかっこいい♡】

一方で女性たちに「今のディカプリオをかっこいいと思うか?」という質問をぶつけてみると、約76%が「かっこいい」と回答しています。

若い頃のレオ様のほうが好きだけれど、今のレオ様もやっぱり素敵。そう思っている女性が大多数。でもその気持ちは、わかる。今現在の脂の乗ったレオ様も、大人の魅力たっぷりで素敵ですものね♪

【私たち、今のレオ様のほうが好きです!】

「歳を重ね、役者としても男性としても貫禄がついてきている。アカデミー賞受賞は当然だと思う」(20代後半)
「『レヴェナント:蘇えりし者』は、オスカー受賞にふさわしい映画。今のレオが主演したことにはとても大きな意味がある。良い意味の “おっさん俳優” へと変わってきた彼の活躍に期待したい」(40代前半)
「ハンサムで綺麗な若者だったディカプリオがプロデュースもするようになり、俳優としても厚みを増してきた。これからが楽しみ」(60代前半)

これらはすべて、「今のレオ様が好き」と答えた方々からの声。

【アイドル俳優から実力派俳優へ】

アイドル的人気の美少年俳優から華麗な脱皮を遂げ、実力派&演技派俳優としての地位をしっかりと築いたレオ様。真摯に着実にキャリアを積み重ねてきたからこそ、多くの映画ファンに支持されるのでしょうね。

年齢を重ねるごと新たな魅力をみせてきてくれたレオ様、これからもずーっと、応援しておりますよぉ!

参照元:トーキョー女子映画部 [アンケート結果、プレスリリース]
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る