写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Opensource.comは8月24日(米国時間)、「3 open source alternatives to web office suites|Opensource.com」において、Office 365のようなクラウド上のサービスとして提供されているオフィススィート・サービスの代替として利用できるオープンソース・ソフトウェアを紹介した。

紹介されているソフトウェアは次のとおり。

・Sandstorm Oasis
・Framasoft
・Open365

Office 365、Google Drive、Zoho Officeなど、オンラインサービスとして提供されているオフィススィート・アプリケーションはどこからでもアクセスして利用できる利便性や共有機能の効率の良さ、初期投資のしやすさなどからビジネスユースで人気が出ている。

Opensource.comではこうしたサービスは便利だが、提供されているソフトウェアそのものはクローズド・ソースであり、サービスを提供するベンダーによって強制的にアカウントロックやサービス停止などを実施されると利用できなくなる危険性があると指摘。オープンソース・ソフトウェアとして開発されているソフトウェアであれば、自社で運用して利用することで、こうした危険性を回避できるとしている。

(後藤大地)