写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Sucuriは8月24日(米国時間)、「IPv4 vs IPv6 Performance Comparison」において、Webサイトへのアクセスに関するパフォーマンスをIPv4とIPv6で比較した結果を掲載した。IPv6はこの10年から15年でゆっくり浸透しており、特に2015年中頃から急速に利用が増えていると指摘している。パフォーマンス測定にはcurlが使われ、connect_timeとtotal_timeの値を集計した結果を掲載している。

計測対象となったサイトは次のとおり。

・google.com
・facebook.com
・youtube.com
・wikipedia.org
・netflix.com
・linkedin.com
・pandora.com

CDNプロバイダとしては、次の2つのプロバイダーがテスト対象となっている。

・cloudflare.com
・sucuri.net

計測が実施されたポイントは次の4カ所。

・米国カリフォルニア州サンノゼ
・米国ニューヨーク州ニューヨーク
・英国ロンドン
・日本東京

サンノゼからの計測結果のみ、FacebookへのアクセスがIPv6の方が3倍ほど遅いという結果が出ているが、それ以外の計測ではIPv4およびIPv6の計測結果はほぼ同じとされている。SucuriではIPv4とIPv6のアクセスパフォーマンスはほぼ同じと説明しており、IPv4からIPv6に移行してもパフォーマンス上の問題は発生しないだろうと指摘している。

(後藤大地)