24日、このほど米誌フォーブスが発表した「世界で最も稼いだ女優」リストで、中国の女優ファン・ビンビンが2年連続でランクイン。5位に選ばれた。写真はファン・ビンビン。

写真拡大

2016年8月24日、このほど米誌フォーブスが発表した「世界で最も稼いだ女優」(The Worlds Highest‐Paid Actresses 2016)リストで、中国の女優ファン・ビンビン(范冰冰)が2年連続でランクイン。5位に選ばれた。新浪が伝えた。

【その他の写真】

フォーブス誌が発表した2016年版「世界で最も稼いだ女優」では、「ハンガー・ゲーム」で知られる米女優ジェニファー・ローレンスが、2年連続で1位に選ばれた。その推定所得は4600万ドル(約46億円)となっている。

2位はコメディアンで女優のメリッサ・マッカーシーで、同3300万ドル(約33億円)。3位の米女優スカーレット・ヨハンソンは同2500万ドル(約25億円)で、昨年の2位から1つ後退した。4位は米女優ジェニファー・アニストンで、同2100万ドル(約21億円)となっている。

5位にはアジア人女優で唯一、中国のファン・ビンビンが選ばれた。昨年は4位だったためランクを1つ落としたことになるが、2年連続の快挙に。主演ドラマ「武則天−The Empress−」からのギャラが大きく、1700万ドル(約17億円)を稼いでいる。

また、ファン・ビンビンは13年から今年にかけて、フォーブス中国版が発表した「中国有名人ランキング」で、4年連続で1位を獲得している。(翻訳・編集/Mathilda)