最終予選に向けて気合いを入れる森重。UAE戦、タイ戦は無失点に抑えてほしい。写真:徳原隆元

写真拡大 (全3枚)

 森重は、仮に日本が出場できたとして、2018年のロシア・ワールドカップを最後の大舞台になると思っている。
 
「年齢的に『自分のサッカー人生において最後の大舞台になるかもしれない』というのは感じています。とにかく、これまで学んできたことを信じてやっていきたい。そして、いろんな人たちに感謝しながらワールドカップのピッチに立ちたいです」
 
 それを実現するためには、代表チームでのポジション争いにも勝たないといけない。CBは吉田が軸で、2番手が森重もしくは槙野という状況だ。
 
「(槙野は)意識せざるを得ない存在です。生まれも同じ広島なので、運命みたいなものを感じる」
 
 槙野は広島ジュニアユース時代に2トップを組んだ仲でもある。それが今やA代表でCBのレギュラーを争うライバルなのだから、「運命を感じる」のは当然だろう。
 
「そういう選手が身近にいることはとても嬉しいです。『アイツには負けたくない』という闘志が溢れてくるし、良い意味で刺激し合える。おそらく槙野選手もそう思っているはずなので、互いに高め合っていきたいです」
 
 そう笑顔で話す森重にとって、槙野は自らを成長させてくれる活力源でもある。

【PHOTO】アジア最終予選に向けた日本代表メンバー24人