ビックリ! うらやましい!? フランス人の“頑張りすぎない”子育て事情

写真拡大

ファッション面や文化面において、とかくフランスに憧れがちな私たち日本人。子育て面でも、うらやましい要素はいくつもあります。

【子育て】よそのパパが羨ましい…“夫が非協力的で辛いとき”の考え方5つ

フランスは支援制度が充実しており、ヨーロッパ一の高い出生率を保ちながら、バリバリ働くことが可能なワーキングマザー先進国。

かたや、日本の私たちは、子どもを持つか持たないかに悩み、二人目の壁の前に立ちつくし、復職するには保育園探しに奔走しなければならず、両国の違いを目の当たりにすると出るのはため息ばかり。

どうしてこんなにまで違うのでしょうか。

そのカギは国民性にありました。フランスの子育て環境が優良なのは、フランス人の自由と愛を重んじるフランス人気質にあるというのです。

34年間のフランス生活にピリオドを打ち、『フランス人は1割しかお嫁に行かない』(東邦出版)を刊行されたばかりの柴田久仁夫さんと、フランスで出産、子育てを経験された奥様である寿美(はるみ)さんに、フランスの子育て事情の背景について、お話をうかがいました。

1. フランス人は、「無痛分娩」が基本

――フランスでの出産はどんな感じなのでしょうか?

(寿美さん、以下H)フランス人はすごく痛がりなのに加えて、病院で痛みを我慢するという概念があまりないので、基本、無痛分娩なんです。それでも叫んでいる人もいました。

フランス人って、すごくわがままなんですよ。母親教室などで、分娩の仕方を学んでいても、やる気がなくなったら、やりません、とか言ってやめてしまう。

フランス語がわからないのに、私だけ真面目に受けたりして(笑)

(久仁夫さん、以下K)それでも、フランス人は安産が多いんですよ。

――わがままな方が安産だと聞いたことがあります(笑)

2. フランス人の出産費用は無料

――あちらの産後ケアは手厚いと聞いていますが。

(H)出産にかかる費用はフランス人であれば無料です。

産後は保健師が訪問してくれますし、家事や赤ちゃんの世話なども頼めばやってくれるサービスもあります。

自治体による差はありますが、声を上げれば助けてくれる制度があるんですね。しかも料金は格安。

3. フランス人は、「ミルク育児」の方が多い

――ところで、フランスでは母乳育児が少ないと聞きました。

(K)少ないですね。それは共稼ぎが基本ということも大きいのだと思いますが…。

(H)我慢したくないのよ。子どものために自分を犠牲にしたくないんでしょうね。

(K)子どもに自分の人生を捧げるという考えはないでしょうね。そのへんはすごく利己主義ですよ。子どもと大人の境界線がすごくはっきりしていると思います。

――なるほど。フランス人は大人の時間を大切にする、ということを聞いたことがあります。

4. フランス人は、よく子どもを預ける

――大人が楽しむためだけに、ベビーシッターに子どもを預けることはよくあるのですか?

(H)はい、コンサートに行ったり、レストランに行ったり。ベビーシッターはとても安く利用することができます。

(K)もちろん子育ては大事ですが、子ども抜きの大人だけの時間をつくることは大事なんじゃないかな。

(H) 何家庭かで子どもをまとめてひとりの方にお願いすれば、シッター代は数百円ということもありえるんです。

――それは本当に安いですね! ベビーシッターは学生のアルバイトなのですか?

(H)いえ、学生はいないですね。専門の方のみで、アフリカ系とかフィリピン系が多いです。

5.フランス人は、早く大人になりたがる

――柴田さんの本の中に、「フランスでは子どもは大人に成長する以前の、未完成な生き物」ということが書いてあり、大人に主眼を置いた考えが基本にあるのだなあと思いました。

(K)それは子どももわかっているようで、たとえばフランスの子どもってかなり裏表があるんです。

親の前ではものすごくいい子なのに、親がいなくなったとたんに本性を現す、みたいな。けっこう抑圧されているんじゃないですかね。

(H)パリのレストランはほとんど中学生以上でないと子どもは入れないですしね。

――そうなると、子どもは早く大人になりたい、と思うのでしょうか。

話は変わりますが、少し前、日本では雨宮塔子さんが小学生と中学生のお子さん2人を元夫のもとにおいて帰国しましたが、フランスに残ることはお子さんたちの意思だったそうなんです。

先ほどからのお話を聞いて、フランスで生まれ育った雨宮さんのお子さんたちは、日本の同じくらいの年齢の子どもと比べたら、しっかり自分の先々を考えて残りたいと言ったのではないかと思いました。

(H)そうですね。特に進路については、14歳で決めないといけないんです。一生を決めるすごく大事な時期です。

――ずいぶん早いのですね。14歳にもなればもう大人ということでしょうか。

フランスにはなくて日本にはあるいいこと

――子育てをする上で、日本のいいところはなんだと思われますか?

(H)なんといっても治安がいいところでしょうね。パリはヨーロッパの中でも年々治安が悪くなって、小学生は親か代理の人の迎えがないと帰れないんです。時間までに迎えに来ないと、警察に引き渡すこともできるんです。

(K)日本に帰って驚いたことは、満員電車の中で、ランドセルを背負った小さな子どもの存在です。あれはパリでは考えられないですね。

(H)それと、日本の子どもは努力次第でなりたいものになれるなど、将来の可能性が幅広く残されていると思います。フランスではパン屋の子どもが大学に進学することはほぼありえないですから。

(K)フランスはスポーツや芸術にしても英才教育が盛んなのですが、成功するのは一握りです。落ちこぼれてしまった子どもの行き場がないんです。

――英才教育のひずみが子どもに行ってしまっているということですね。
日本にもいいところがあるとわかってよかったです。私たちも、隣の芝生を羨んでばかりいないで、自分らしい子育てをしていきたいものです。

【取材協力】柴田久仁夫 ほぼワインな日々