「夕方お疲れ顔」を朝の爽やか顔にまき戻す!超簡単メーク直しテク

写真拡大

朝はキレイにメイクしていたのに、夕方職場の化粧室で鏡をみたら、クマや小ジワが目立って疲れた顔になっていてびっくりした……ということはありませんか?

朝から頑張って働く女子にはよくあることですね。

朝にはスッキリしていた肌も、夕方には血行が悪くなってくすみがち。さらにメイクが崩れてマスカラやアイラインが目の下に落ちていたり、ファンデーションがヨレていたりと一層疲れた印象になります。

でも、仕事の後の友達との約束や彼とのデートなど、楽しみにしていた場所にそんなお疲れ顔で向かうわけにはいきませんよね。

そこで今回は、ポイントをおさえた簡単メーク直しで、夕方のお疲れ顔を解消する簡単テクをご紹介しましょう!

■気になる夕方お疲れ顔の症状とは?

気になるお疲れ顔の原因は以下の3点。

・くすんで顔に影ができる

・ほうれい線・目尻のシワが目立つ

・毛穴が目立つ

ここさえ改善すれば、お疲れ顔はあっという間に解消できるのです。

■まずは顔の余分な脂浮きをオフ

メイク直しをする前に、ティッシュを使ってTゾーンを中心に脂浮きが気になるところをそっとおさえてオフします。こうすることで、後からのせるメイクがのりやすくなり、ヨレたりしません。

脂分を取りすぎてしまうと乾燥による小じわのもとになるので、油取り紙でなくてもティッシュで十分です。

■プレストパウダーで毛穴を消す

小鼻の周りや額、頬など毛穴の開きが気になる部分にブレストパウダーをのせます。小さめのブラシで、毛穴を下から持ち上げるようにクルクルと回してつけて。

パウダーは肌にのせると透明になるものがおすすめです。

■コンシーラーテクでほうれい線・小ジワを目立たなくする

美容液が入ったやわらかいコンシーラーなら、目元やほうれい線部分に塗っても悪目立ちしません。

ほうれい線部分には全体に塗るのではなく、小鼻の横部分に放射線状に軽くぼかして。

目尻の小じわ部分も指で軽くポンポンとのせて広げるのがコツです

■ハイライトを影になる部分にのせてふっくらみせる

自然なツヤがでるハイライトを目の下、眉間、顎にのせます。

ここは疲れてくすみ、クマや影が出やすい部分。クリームタイプのハイライトを指に取り、ファンデーションの上からポンポンと軽くのせればヨレません。ハイライトをのせた部分が高く見えるので、影がなくなり立体的な小顔に見える効果も。

以上、夕方でもお疲れ顔にならないメーク直しテクをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

じつはこのテクニックは、朝のメイク時になるべくファンデーションを薄く塗ってベースメークを仕上げておくことがキレイにお直しするコツなのです。

夕方お疲れが顔を解消して、朝と変わらない爽やかな顔になっちゃいましょう!