アマゾンは「感動ドラマ」でオスカーを狙う:予告編公開

写真拡大

アカデミー賞を狙うアマゾンが獲得した、ケネス・ローナガン監督によるヒューマンドラマ『Manchester By The Sea』の予告編が公開された。

アマゾンはストリーミングサーヴィスと映画配給スタジオとしては新参者だが、CEOのジェフ・ペゾスは「アカデミー賞を獲得したい」と公言している(日本語版記事)。

「アマゾンは「感動ドラマ」でオスカーを狙う:予告編公開」の写真・リンク付きの記事はこちら

そのアマゾンは2016年1月、潤沢な資金を手にサンダンス映画祭へと乗り込み、6本の映画の権利を購入した。そのなかでも最も高額で購入された作品が『Manchester by the Sea』だ。

これは脚本家で監督でもあるケネス・ローナガンの3作目(1作目は『ユー・キャン・カウント・オン・ミー』、2作目は『マーガレット』)で、アマゾンは1,000万ドルを支払った。プレミア上映で熱狂的な拍手を浴びてから数カ月が経ったいま、ようやく予告編が公開された。

主人公のリー・チャンドラーを演じるのは、ケイシー・アフレック。兄の死を受けて海辺の故郷に戻ったところ、自分がティーンエイジャーの甥の法定後見人になっていることを知る。

作品は監督のローナガンが得意とする家族ドラマで、俳優たちの見せ場がたくさんある。11月18日(米国時間)に一部の映画館で限定公開され、12月末にかけて映画館の数を増やしていく予定だという。明らかに映画賞のシーズンを狙ってのことだ。

ケイシー・アフレックはすでにアカデミー助演男優賞にノミネートされたことがある(2007年『ジェシー・ジェームズの暗殺』)。予告編は、主演男優賞候補に選ばれそうなアフレックの演技だけでなく、ミシェル・ウリィアムズやルーカス・ヘッジズの演技にも焦点が当たる仕上がりとなっている。

アマゾンが、ドキュメンタリー以外のアカデミー賞レースに参入したがっているのは明らかだ。今回のような人間ドラマを扱った作品を獲得したことが、その姿勢を明確している。

RELATED