「来てけつかるべき新世界」

写真拡大

京都を創作のベースに置きながら、全国へと意欲的に作品を発信し続けている人気劇団「ヨーロッパ企画」の最新作が今年もやってきます。

舞台はレトロ感あふれる大阪「新世界」

劇団の創設は1988年。すべての脚本・演出を務める上田誠らによって同志社大学演劇サークル「同志社小劇場」内に結成された演劇ユニットがベースです。劇団創設当時は、京都市内のキャンパスや小スペースで多くのシチュエーションコメディ作品を上演していました。

初期の傑作『サマータイムマシン・ブルース』は映画『踊る大走査線』シリーズで知られる本広克行監督の目に留まり、2005年に映画化されました。同年、この作品の再演をきっかけに全国ツアーを開始し、今ではチケットがとれないほどの人気劇団となりました。

ほぼ年に1回行われる本公演は、今回で35回目。ここ数年は、琵琶湖の南に位置する滋賀県栗東市でプレビュー公演を行った後、劇団の地元である京都を皮切りに東京、そして全国ツアーへと展開しています。昨年の公演では全国で1万2000人以上を動員し、毎年新しいファンが増え続けている大変勢いのある劇団です。

今回の新作の舞台は大阪・新世界。立ち飲み店や有名串かつ店、レトロな昭和ムードの喫茶店や将棋クラブが軒を連ね、そこに次々とおじさんたちが集まっていくという、歩くだけで大阪の下町風情にどっぷりと浸かれる街です。最近は外国人観光客も多く見かける観光名所ともなっています。

この新世界を舞台に、串かつを食べていたおっさんがドローンと戦ったり、将棋クラブのおっさんがロボットアームに王手飛車取りを迫られたり、ホログラフィの娘と言い合いしたりするSFの世界を描くとのこと。今からどんな作品が出来上がるのか楽しみです。

トリーッキーな劇構造と非日常的な設定とのギャップ

この劇団の特徴は、上田が設計したトリーッキーな劇構造と非日常的な設定の中で、冴えないキャラクターたちがモソモソとのんきな会話を紡ぐ、といったユルさと緻密さが同居する独特の作風にあります。

多くの劇団は脚本家がテーマを設定し、ストーリーを考え、セリフを台本にして稽古を行います。ヨーロッパ企画も劇団創設当時はそのように行っていましたが、10年ほど前から上田が描きたいイメージを原型の段階で稽古場に持ち込み、出演者やスタッフと話し合いを重ねてアイデアを出し合いながら創っていくようになりました。

例えば今回の公演では、上田の頭の中には、大阪・新世界のおっさんたちが串かつを食べている、そこにドローンが襲ってくるという画が出来上がっています。これを稽古場に持ち込み、セリフやストーリーを出し合い、最終的に上田がまとめあげるという方法で脚本を作っていきます。

特殊な創作方法のため、出演者はおのずと慣れている劇団員が中心になります。時に芝居とは思えないほどナチュラルで気負いがない会話のやり取りも、学生時代から培われてきた劇団員による息のあったアンサンブルから生まれており、独特な世界観が幅広い人気を博しています。

京都人の上田にとって近いようで遠く感じる大阪、その中でも最もディ-プな街・新世界を舞台に描くSF作品。後に、再び映画化されるような傑作が誕生しそうな予感がします。是非、劇場で確かめてみてください。

ヨーロッパ企画第35回公演『来てけつかるべき新世界』

栗東プレビュー公演 9月3日(土)栗東芸術文化会館さきら 中ホール
京都公演 9月9日(木)〜9月11日(日)京都府立文化芸術会館
東京公演 9月16日(金)〜9月25日(日)本多劇場
広島公演 9月29日(木)JMSアステールプラザ 中ホール
福岡公演 10月1日(土)〜10月2日(日)西鉄ホール
大阪公演 10月5日(水)〜10月11日(火)ABCホール
四日市公演 10月15日(土)四日市市文化会館 第2ホール
高知公演 10月21日(金)高知県立県民文化ホール グリーンホール
横浜公演 10月27日(木)〜10月30日(日)KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ
名古屋公演 11月2日(水)名古屋市東文化小劇場

作・演出:上田誠
音楽:キセル
出演:石田剛太、酒井善史、角田貴志、諏訪雅、土佐和成、中川晴樹、永野宗典、西村直子、本多力(以上、ヨーロッパ企画)
金丸慎太郎、藤谷理子、福田転球

作品の詳細は公式サイトで。