朝、恐る恐る目覚まし時計を見ると、すでに始業時間を過ぎている…。そんな冷や汗ものの経験をした人も多いだろう。

 現在Twitter上では、会社に遅刻の報告をした際の、とある失敗談が話題になっている。

 「11時過ぎ頃の出社」と書くべきところを、あわてていたのか「11月過ぎ頃の出社」と誤って送信してしまったようだ。

 それに対して、「せめて8月中にお願いします!」と会社の人からうまい返しも。

 その後、11時過ぎに出社した投稿者に対して「思ったより早かったですね」と心温まる(?)やりとりが行われたようだ。

 この一連のやり取りを見て、Twitterユーザーからは「いい上司」「転職したい」といった声が寄せられた。

 たしかに、遅刻というネガティブな報告で、こんな楽しいコミュニケーションができる会社なら勤めてみたいと思う人は多いだろう。もちろん信頼関係があってこそのやりとりで、寝坊をしないに越したことはないのだが…。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら