写真提供:マイナビニュース

写真拡大

KDDIと日本サッカー協会は25日、サッカー日本代表チームのサポーティングカンパニー契約を締結したと発表した。契約期間は2022年12月まで。

サッカー日本代表チームのサポーティングカンパニーは、日本男子代表(SAMURAI BLUE)、日本女子代表(なでしこジャパン)をはじめ、U-23/20/17、フットサル、ビーチサッカーといった全ての日本代表を支援するスポンサーカテゴリーとなる。KDDIの代表取締役社長である田中孝司氏と日本サッカー協会の会長である田嶋幸三氏は、今回の契約について以下のコメントを寄せている。

・KDDI 田中孝司 代表取締役社長

世界で最も人気の高いスポーツであるサッカーに、このような形で関われることを非常に嬉しく思います。誇り高く、フェアで、勝利に対して強い「思い」持っている日本代表チームに共感し、「あたらしい自由。」を掲げるauも、新たな体験をお客さまにご提供したいという「思い」を持って、常に挑戦していきます。

・日本サッカー協会 田嶋幸三 会長

この度、KDDI株式会社様に日本代表のサポーティングカンパニーとして加わっていただくことになり、心から嬉しく思っています。若者に人気のauですから、サッカーファンが増えることも期待されますし、auの通信技術とサッカーの融合で、日本代表の試合が一段と面白くなっていくのではないかとワクワクしています。長いお付き合いになりますよう、今後ともどうぞよろしくお願いいたします