日本の安倍晋三首相は24日、第8回日中韓外相会議に出席した中国の王毅外交部長(外相)、日本の岸田文雄外相、韓国の尹炳世外相と会談した。資料写真。

写真拡大

日本の安倍晋三首相は24日、第8回日中韓外相会議に出席した中国の王毅外交部長(外相)、日本の岸田文雄外相、韓国の尹炳世外相と会談した。人民日報が伝えた。

安倍首相は「日中韓三国の経済規模は世界の5分の1を占め、地域の平和と安定を維持する重要な責任を担っている。三国が協力を保つことがとりわけ必要だ。三国が今回の外相会議の成果をしっかりと実行に移し、年内の首脳会議開催に向けて積極的に準備し、さらに二国間関係を改善し、地域の発展を促進することを希望する。日本側は長期的観点から、中国側と戦略的互恵関係の方向に沿って、信頼を強化し、対話を強化し、溝を管理・コントロールし、未来志向の日中関係構築のために努力したい。近く開催されるG20杭州サミットは世界経済の持続可能な発展にとって重大な意義を持つ。中国でサミットに出席することを待ち望んでいる。日本側はサミットの成功を祈るとともに、できる限りの協力をしたいと考えている」と表明した。

王外交部長は「日中韓三国は相互関係に困難がある中で今回の外相会議を開催し、三国協力の基調と勢いを保った。中国側はこのために政治、経済・貿易、人・文化、持続可能な発展の促進という『四輪駆動』協力を主張した。中国側は日本側がG20構成国としてサミットの成功に積極的、建設的な役割を発揮することを歓迎する。今年は日中韓三国が共に参加する一連の重要な多国間会議も開催される。日中韓三国が『歴史を直視して未来に向かう』精神に基づき協力を強化し、地域の平和的発展及び相互関係の改善に努力することを希望する」と表明した。(提供/人民網日本語版・編集NA)