24日、来月1日から始まるサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選を控え、中国サッカー協会が決めた各種ボーナスが明らかになった。写真は中国代表の試合。

写真拡大

2016年8月24日、来月1日から始まるサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選を控え、中国サッカー協会が決めた各種ボーナスが明らかになった。

北京青年報などによると、中国サッカー協会は、最終予選の1試合当たりの勝利ボーナスを300万元(約4500万円)に設定。W杯本大会に進出した場合は、過去最高となる6000万元(約9億円)の報奨金支給も決めた。

2002年日韓大会以来2度目のW杯出場を目指す中国は、最終予選でイラン、韓国、ウズベキスタン、カタール、シリアと同組に入った。来月1日アウェーでの韓国戦に向け、中国代表は22日から瀋陽で2次キャンプを行っている。(翻訳・編集/柳川)