周りの人から嫌われないために!今日からできる口臭対策

写真拡大

口が臭いというのは人間関係を円滑にやっていく上でネックになってしまう場合があります。よく「人は第一印象が大事!」という言葉を聞きますが、それには見た目の部分以上にその人から漂うニオイというのが重要という意味も含まれるはずです。初対面の人から生ごみみたいなニオイがしていたら、意識的にも無意識的にもその人を避けようという気持ちが働いてしまうかもしれません。たとえ、その人がものすごく良い人で、また、外見的にも清潔で印象の良い方であったとしても。そういうことを考えると、できる限り口臭に気を遣うことは自分が損しないためにもやっておきたいところです。そこで、ここでは今からでもすぐ取り入れられる口臭対策をいくつか紹介していきたいと思います。

■ 基本中の基本"歯磨きのやり方"

口臭対策でまず取り組むべきは、今の自分の歯磨きの仕方が本当に正しいのかどうかを確かめることです。消臭効果や殺菌効果のある歯磨き粉を使うというのもいいですが、まず大事なのは基本のやり方の部分。どうしても歯磨きのような毎日の習慣はマンネリ化して適当になってしまいがちです。やる時間も最低限5分くらいは確保して、歯の奥までしっかり磨いて、口臭の原因となる歯垢や食べかすをできるだけ少なくしてあげることが大切です。

■ 歯磨きと併せてやりたい舌磨き

歯磨きだけではなかなか口腔内のすべての汚れを除去しきることは難しいです。そこでぜひ取り入れてもらいたいのが舌のクリーニングです。舌について口臭の原因になる汚れを舌苔とも呼びますが、これを専用ブラシなどを使って適度に落としてあげるのです。その際には舌を傷つけないために歯ブラシでは磨かずに舌ブラシを使うようにしましょう。舌苔は舌を保護する意味で多少は必要なものなので、0にしようとするのではなく適度にやるのがコツです。

■ さらに併せてやりたいうがい

口腔内に残った口臭の原因となる食べかすは、歯磨きと舌磨きである程度は落とせますが、それでは取れないところがあります。歯間や歯の本当に狭いくぼみなど、汚れが残りやすい部分のケアにはうがいが最適。その際には専用の洗口液を使うと良いでしょう。水でもしないよりはましかもしれませんが、とれにくい汚れはほとんどとれません。歯の隙間の汚れをやわらかくして洗い流してくれたり、そもそも口臭の原因となる雑菌を殺菌する成分の入った洗口液選びが重要です。

■ 食事などによる体内からの口臭ケア

口臭はなにも口腔内からだけ発生するものではありません。よく言われるのが胃の不調で発生する口臭ですね!これは食べる食事の栄養バランスが悪かったり消化の悪いものばかりだったり、寝る前に食べたりと胃に負担を抱えた状態に発生する場合があるともいわれます。しっかりと自分の体、特に胃の負担を考えた食事を心がけることが大切なのです。それがライフサイクル上難しいという人であれば、その胃により発生する口臭をサプリで対策する人もいるようです。多少コストはかかりますが、実質食事をこだわるよりも安上がりだったりもします。人気のサプリである楽臭生活でも1日あたり100円くらいなので、飲むだけという楽さもありおすすめではあります。

■ とりあえず歯医者に行ってみるのも手

口臭は虫歯や歯周病が深く関係している場合があり、その場合は治療してもらうのがなにより近道です。ただ、歯周病や虫歯は軽度の場合、自分では気付かない場合もあるので、定期的に歯医者さんに行っておくというのも予防という意味では大事なことです。

■ 緑茶でできる口臭対策

口臭は若干ではありますが身近な飲み物でも対策できる場合があります。その代表的なものが緑茶ですね!緑茶中のカテキンに消臭殺菌のはたらきがあることで、元来口臭に良いとされています。もちろん飲む量や頻度にもよりますが、緑茶を飲むことで口腔内はすっきりすることは実感できると思います。ただ、緑茶中のカフェインの利尿作用によって唾液が減ってしまうと口臭をきつくする要因にもなるので、量に関しては自身の体に合わせた調整は必要です。

■ ちょっとした意識付けから!

以上が簡単に取り入れらそうな口臭対策です。見てきたように、ちょっとした毎日の意識付けからでも口臭は軽減させることもできます。良い人間関係を保っていくためにもぜひお試しください。

(image by amanaimages)
(著:nanapiユーザー・うめやん 編集:nanapi編集部)