映画『エブリバディ・ウォンツ・サム!!』6才のボクや恋人までの距離のR・リンクレイター最新作

写真拡大

映画『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』が、2016年11月5日(土)に公開される。『6才のボクが、大人になるまで。』や『恋人までの距離(ディスタンス)』から始まるビフォア・シリーズのリチャード・リンクレイター監督による最新作だ。

ストーリーは、大学入学直前の3日間。野球推薦で入学した主人公のジェイク(ブレイク・ジェナー)が、野球部の個性豊かなチームメイトや、恋愛、パーティ、お気に入りの曲などを通して、少しずつ大人になってゆく青春を描く。

永遠には続かない、それでも色褪せることのない青春の断片を見事に切り取った本作は、リンクレイター監督の過去の作品『6才のボクが、大人になるまで。』や『バッド・チューニング』の”精神的意味”での続編にあたるという。

ストーリーのほかに、豪華な音楽のラインナップも、映画のもう一つの主役だ。舞台となる80年代にヒットした、ロックやパンク、ディスコ、ヒップホップの名曲がふんだんに登場して作品を彩る。予告編では、本作のタイトルにもなったヴァン・ヘイレンの「エブリバディ・ウォンツ・サム!!」が流れ、本編への期待を感じさせる。

【概要】
『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』
公開日:2016年11月5日(土)
原題:Everybody Wants Some!!
監督・脚本:リチャード・リンクレイター
プロデューサー:ミーガン・エリソン、ジンジャー・スレッジ、リチャード・リンクレイター
撮影監督:シェーン・ケリー 編集:サンドラ・エイデアー 
出演:ブレイク・ジェナー、ゾーイ・ドゥイッチ、グレン・パウエル、タイラー・ホークリンほか
配給:ファントム・フィルム 2016/アメリカ/アメリカン・ビスタ/117分
(C) 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED


[写真付きで読む]映画『エブリバディ・ウォンツ・サム!!』6才のボクや恋人までの距離のR・リンクレイター最新作

外部サイト

  • 「星空の映画祭 2016」長野で開催 - 星空の下で名作映画を
  • 映画『バケモノの子』細田守監督作品 - 日本アカデミー賞の最優秀アニメーション作品賞
  • ドキュメンタリー映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』の追悼上映が全国でも - 大阪・新宿は延長決定