画像

写真拡大 (全2枚)

  電通デジタルとPwCコンサルティングは、8月25日より、企業のデジタル変革を、コンサルティングからプラットフォームの運用・実行支援まで包括的に支援するプログラムの提供を開始した。

  電通デジタルと、経営コンサルティングファームのPwCコンサルティングは、顧客企業のデジタルトランスフォーメーションを、コンサルティングからプラットフォーム開発・実装、および運用・実行支援まで包括的に支援するプログラムを開発。8月25日より提供を開始した。
デジタル変革推進プログラムの概要(クリックで拡大します)

 同プログラムは顧客企業の組織内に、デジタルトランスフォーメーションの加速を担う新たな役割である「CDO(最高デジタル責任者)」を設定し、その業務を担当する次世代の経営者ないしはタスクフォースチームをサポートするもの。また、経営レベルでのデータドリブンな意思決定を支えるデータプラットフォームの開発と実装、および継続的なPDCAに向けてのコンサルティングサービスも併せて提供する。

 電通デジタルはデジタルマーケティング領域におけるサービスラインをもとに、顧客体験設計やマーケティングプラットフォーム構築・運用などを支援する「マーケティングアプローチ」に強みを持つ。一方、PwCコンサルティングはコンサルティングサービスを中心に、財務分析や事業戦略策定を通じて業務プロセス変革を支援する「経営戦略的アプローチ」に強みを持つ。

 両社のサービスを統合することで、より包括的、効果的な顧客企業の支援が可能になると判断し、今回のプログラムを開発・提供するに至った。

MarkeZine編集部[著]