写真提供:マイナビニュース

写真拡大

転売サイトやネットオークション、SNSなどで、コンサートチケットが高額で転売されているのを見たことはないだろうか。このほど音楽団体や人気アーティストらが、コンサートチケットの高額転売に反対する共同声明を発表し話題を呼んでいる。マイナビニュース会員304人に、転売されたチケットを定価より高額で購入したことがあるかどうか聞いてみた。

Q.あなたは転売されたチケットを購入したことがありますか?

定価より高額で購入したことがある 20.8%
定価より高額で購入したことはない 79.3%

Q.それはどうしてですか?

○高額転売チケットを購入した理由

・「どうしても行きたい公演だったから」(25歳女性/専門店/販売・サービス関連)
・「その機会を絶対に逃したくなかった」(41歳男性/サービス(その他)/専門サービス関連)
・「どうしても前の列でみたかったから」(37歳女性/ソフトウェア・情報処理/その他・専業主婦等)
・「売り切れてたから」(44歳男性/ソフトウェア・情報処理/IT関連技術職)
・「需要があるために価格が上がることは普通だと思ったので」(31歳男性/インターネット関連/営業関連)
・「入手困難ゆえのプレミアム支払いは合理的なので」(41歳男性/証券・投資銀行/事務・企画・経営関連)

○高額転売チケットを購入しない理由

・「転売屋を儲けさせたくないから」(57歳男性/専門店/技能工・運輸・設備関連)
・「本当に行きたくてもチケットを手に入れることができない人がたくさんいるのに、転売目的でチケットを購入している人に対して腹が立つので、そのような人から購入したくない。高額で販売していることも許せない」(38歳女性/ドラッグストア・調剤薬局/販売・サービス関連)

・「買う人間がいるからそういう輩が現れたり、買い占められて本当に欲しい人が買えなかったりするから」(27歳男性/海運・鉄道・空輸・陸運/技能工・運輸・設備関連)
・「転売屋からものを買う人がいるから転売屋が付け上がるんだと思っているので、買わないようにしているから」(36歳男性/インターネット関連/IT関連技術職)
・「転売する人がいるせいで本当に行きたい人がFC枠でも取れなかったりする現状があるから。最悪、それでも転売チケットに需要があり行き渡ればいいんですがライブ開催日になっても、おかしな値段のチケットが落札されないままの状況があったり、ライブ会場に足を運んで不自然な空席を目にしたりすると腑に落ちないので」(40歳男性/その他/その他・専業主婦等)

・「アーティストに申し訳ないから」(39歳女性/広告・出版・印刷/技能工・運輸・設備関連)
・「単純に値段が高いのと、定価との差額分がアーティスト(興行主)にわたらないため」(37歳男性/広告・出版・印刷/クリエイティブ関連)
・「正規の手順で購入しないとアーティストやイベント会社などにお金がちゃんと還元されないと思うので、将来の活動に影響が出て利用者である自分にサービスが戻ってこない気がするから」(29歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「コンサートに行くほどのファンなら、アーティストのメリットにならない行為にはくみするべきではない」(43歳男性/専門店)

・「信頼ができないのと、非常識な価格設定だから」(31歳男性/専門店/販売・サービス関連)
・「価格が高い。定価との差額分は、どこへ流れて行くのだろうと思うから」(56歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「取引が面倒だから」(45歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「ちゃんと入場できるか不安だから」(37歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「偽物だった時が怖いし、当日現地で分かり呆然とするのは絶対嫌」(51歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「自分の好きなアーティストのチケットは、転売禁止で見つけたら入場できなくなると記載があるから」(36歳女性/その他/その他・専業主婦等)

高額転売チケットを購入したことがある人はおよそ2割。「どうしても行きたかった」という理由がほとんどだった。具体的な購入額は、定価+数千円〜数万円、定価の倍、3倍などさまざまのようだ。

一方、購入したことがないという人にその理由を尋ねると、「価格が高すぎる」「取引が不安」「アーティストに申し訳ない」「買う人がいるから転売屋が付け上がる」などのコメントが寄せられた。

調査時期: 2016年8月24日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 男性215名 女性89名 合計304名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

※写真と本文は関係ありません