ベリーボタンチャレンジ(背中へそ触りチェック)、鎖骨に卵を置く、A4ウェスト、iPhone6膝など、中国では、抜群のプロポーションを自慢する方法が続々と登場しているが、今中国のネット上で大人気になっているのは「七指足」だ。

写真拡大

ベリーボタンチャレンジ(背中へそ触りチェック)、鎖骨に卵を置く、A4ウェスト、iPhone6膝など、中国では、抜群のプロポーションを自慢する方法が続々と登場しているが、今中国のネット上で大人気になっているのは「七指足」だ。北京日報が伝えた。

「七指足」は、これまでの美しさの条件に満たすことができなかったミニ動画配信アプリ「美拍」のユーザーが編み出した、理想の人体比率にチャレンジする方法だ。測定の仕方は簡単で、親指と人差し指をLの字に広げて、腰のあたりから測り始め、足元まで測って足の長さが7回分であればパーフェクトな比率ということになる。

このチャレンジには多くの美女が参加して大盛り上がりとなった。また、男性や多くの芸能人たちも次々にチャレンジに参加している。多くのネットユーザーはその結果をネット上にアップし、長い足を披露する人もいれば、「指が短いから完璧な比率に」と揶揄する人、「正確でない。指が短いと20回分になってしまう」と突っ込む人などもいる。(提供/人民網日本語版・編集/KN)