216円のプロツール「プレスマン」が発売38年目でとうとうカラフルに!

写真拡大

1978年の発売以来38年、かたくなに黒を貫いてきたプラチナ万年筆の速記用シャープペン「プレスマン」に、とうとうカラーバリエーションが追加された。

速記者用に作られた「プレスマン」。シンプルかつ機能性に優れた、まるで武士の刀のようなシャープペンは、デジタル時代の今でも愛用者は多い。優れた書き心地と機能性はそのままに、カラーリングを加えることで、これまで「プレスマン」を知らなかったユーザーも、このプロ道具に目を向け、手にする機会が増えることは間違いないだろう。

[関連記事]学生向け?大人も使いたい! 芯が折れないシャープペン

過酷な取材現場に対応できるタフな道具として開発された!

誕生当時から変わらぬデザインで今も販売され続けている「プレスマン」。太さ0.9mmで通常より少し長めの専用芯を使い、筆圧が強くても芯が折れない機構を持つ。

デジタル入稿などない1978年に、速記士や記者向けに開発された。 夜討ち朝駆けといった過酷な取材に応えてくれるタフな道具として、芯折れや持ち疲れすることなく、思考の速度で書き続けるためのシャーペンだった。

鉛筆に変わる文房具として開発された経緯があるため、書き心地は優しく、シャープペンにありがちな引っかかるような癖はない。多少乱暴な筆圧でも芯が折れることなく使えるので、小学生が鉛筆からシャープペンに持ち替える際の、初めての一本としても最適だ。

今回新色が追加された背景には、近年の文具ブームがあるという。プロ用の筆記具を普段使いに購入する人が増え、「ブラック以外の色を」との要望が多くプラチナ万年筆に寄せられたのだ。

新たに発売される5色は、発売当時の昭和50年代の生活用品や家電製品によく見られた、原色に近いハッキリとしたプラスチック色を参考に決められた。

20160825_pressman01
ずっと変わらないデザインは、懐かしさを感じるとともに、現代のプロダクトにはない新鮮味もある。使ったことがない人は、一度試し書きをしてみてほしい。きっとハマる人もいるはずだ。1本216円。9月1日発売。

プラチナ万年筆 >> http://www.platinum-pen.co.jp/

 

(文/&GP編集部)

[関連記事]
MONOカラーはダテじゃない!極細MONOケシ付きシャープペン

蛍光ペンつきの3色ボールペン。え、便利じゃん!

10色そろえたい!クリスピー・クリーム・ドーナツのBICペン