写真提供:マイナビニュース

写真拡大

メルセデス・ベンツ日本は、新型「CLA」および「CLA シューティングブレーク」を発売した。2車種・8モデルが用意され、いずれも自動車向けプラットフォーム「Apple CarPlay」、「Android Auto」に対応している。価格は税込み(以下同)3,790,000円から。

新型CLA、CLA シューティングブレークは、自動緊急ブレーキにより追突を回避または被害の軽減をサポートする「アクティブブレーキアシスト(緊急ブレーキ機能)」や、ドライバーの披露や眠気を検知して注意を促す「アテンションアシスト」を標準装備した4ドアクーペとなる。

それぞれ、4モデルずつ計8モデルが用意されているが、いずれも自動車向けプラットフォームであるApple CarPlay、Android Autoをサポートしている。これにより、スマートフォンをケーブルで接続すれば、スマートフォンで設定した目的へのルート案内、音楽再生、ハンズフリー通話、音声認識機能といった操作ができる。また、対応するサードパーティ製のアプリの利用も可能だ。

発売されたモデルと価格は以下の通り。

CLA

・CLA 180: 3,790,000円

・CLA 180 スポーツ: 4,350,000円

・CLA 250 SPORT 4MATIC: 5,790,000円

・メルセデス AMG CLA 45 4MATIC: 7,730,000円

CLA シューティングブレーク

・CLA 180 シューティングブレーク: 3,950,000円

・CLA 180 シューティングブレーク スポーツ: 4,510,000円

・CLA 250 SPORT 4MATIC シューティングブレーク: 5,950,000円

・メルセデス AMG CLA 45 4MATIC シューティングブレーク: 7,890,000円

そのほか、CLA、CLA シューティングブレークのスペック、搭載機能については、メルセデス・ベンツ公式ホームページを参照いただきたい。