いよいよ発売!ゲーム『戦国BASARA 真田幸村伝』の楽しみ方を小林プロデューサーに聞く

写真拡大

戦国ブームの火付け役となったカプコンの大人気アクションゲーム『戦国BASARA』シリーズ。その待望の新作『戦国BASARA 真田幸村伝』が、8月25日にいよいよ発売される。シリーズ初の長編ドラマで真田幸村にスポットを当てた今作は、独自の世界観はそのまま受け継ぎながらも、物語や各武将の関係性がより史実に近しいものになっているという。いったい、どんなゲーム体験を味わえるのだろうか? シリーズプロデューサーを務める小林裕幸さんに作品のコンセプトや楽しみ方を聞いてみた。

──今作はシリーズではじめてひとりの武将にスポットを当てていますね。

小林:以前からひとりの武将に焦点を当てた長編ドラマをやりたいと思っていたんですよ。ちょうど昨年「大坂夏の陣」から400年を迎えて世間的にも幸村がクローズアップされていたのと、『戦国BASARA』としても幸村を盛り上げていきたいという思いが合わさって、今回、幸村を主人公にした長編ドラマを制作することに決めました。

──ストーリーや各武将の関係性が従来より史実に近しいものになっていて、幸村の父や兄も登場しますね。

小林:真田一族を出さないと幸村の生涯は語れませんから、新武将として父の昌幸と兄の信之を出すというのはすぐ決まりました。また、『戦国BASARA』シリーズの象徴的な武将である伊達政宗とのライバル関係もきちんと描きたかった。そこで、真田一族3人プラス政宗を軸にした展開になっています。さらに今回、幸村の幼少期を初めて描くということで、弁丸(幸村の幼名)と梵天丸(政宗の幼名)も新武将として加えています。ちなみに、成人の幸村と政宗も新しく作り直しています。

──幸村と政宗はどのように作り直しているのでしょうか。

小林:まず、止め絵をパッと見て変わったことがわかるように衣装を変えています。政宗は史実にもある白装束をベースに、背中に十字架を背負っているイメージで作っています。幸村は、最後に大坂夏の陣をきらびやかな衣装で戦いたいというのがあり、不死鳥をイメージしたものに。もちろん、アクションも変わっていますよ。

──ふたりの幼少期、弁丸と梵天丸がかわいらしいですよね。

小林:これまで幸村と政宗は青年期に出会って戦いを通してライバルになるという設定でしたが、今回は幼少期に初めて出会って成長後に再開するという設定になっています。ふたりとも一目でわかるようにしたかったので、幼少期の衣装にも幸村のイメージカラーである赤と政宗の蒼は入れ、青年期の面影が感じられるような工夫も施しています。たとえば梵天丸は包帯を片目に巻いていますし、弁丸は稽古槍を持っています。子どもなので梵天丸は六爪ではなく一刀ですし、弁丸も二槍ではなく一槍ですが、めちゃくちゃ強くて大人をバッタバッタと倒しますよ。

──真田昌幸と信之の衣装や武器はどういうコンセプトで作ったのでしょうか。

小林:まず最初に、真田一族として武器を槍に統一しようというのを決めました。昌幸は短槍を使うのですが、優れた軍略家でありながら飄々としたコミカルな部分もある人物で、衣装やアクションにもその色を出すようにしています。奇術師のように帽子に身を隠したり、帽子の中に敵を吸い込んだりしますよ。信之は、真田家の具足などに「はしご」があしらわれているのに着想を得て、はしご槍を武器にしました。幸村とは対照的なタイプで、アクションもはしご槍で敵を掴んで放り投げるようなパワー型です。ちなみに、幸村は今回、敵から敵へ飛び移る技のように飛ぶアクションを多く入れています。また、従来以上にスピーディーで空中技などもあるので、本当に飛び回って相手を倒しているような爽快感を得られると思いますよ。

──それはおもしろそうですね! 初心者でも楽しめるのでしょうか?

小林:『戦国BASARA』シリーズはもともと、誰でもできるアクションゲームを目指していて、ボタンを押しているだけでも何かしら技が発動されるようになっています。今作もそこは変わらないので問題なく楽しめますよ。もちろん覚えればより楽しめますが。ちなみに、□ボタンを連打することで技が繋がって敵をバタバタ倒せるのですが、8回まで連続で攻撃できるので、まずは8回押してみるといいかもしれませんね。

──シリーズのファンとしては幸村と関係の深い猿飛佐助や武田信玄がどのように登場するかも気になります。

小林:佐助は後半、ミニゲームっぽいところでちょっと操作することができます。信玄は物語的には死去した後なんですが、1カ所だけ登場しますよ。どういう形で出るのかはやってみてのお楽しみですが、幸村の「お館様ぁ!」、信玄の「幸村っ!」の叫びはちゃんと聞けます。そこは絶対入れないとと思いました(笑)。

──シリーズのファンへメッセージをお願いします。

小林:今回は操作する武将を強化できる「武心システム」などの新システムを採り入れて、新感覚のバトルが楽しめるようにもなっています。また、本編をクリアすると『戦国BASARA』シリーズに登場した46武将のうち好きな武将を選んで本編を再プレイできるなど、やり込み要素もあるので、ぜひいろんな武将で繰り返し楽しんでみてください!

小林プロデューサーによると、ゲーム『戦国BASARA 真田幸村伝』では、このほか、牛串やリンゴ、たこ焼きなどの食べ物をモチーフにした特別武器なども用意されているそうだ。どういう条件で使えるのかなどはやってみてのお楽しみとのことなので、気になる人はぜひゲームにトライしてみて!

真田幸村の生き様を描いたゲーム『戦国BASARA 真田幸村伝』。「幸村を題材にした映画やドラマ、ゲームなどであなたの印象に残っているものは?」ということで「教えて!goo」で意見を募集中だ!

小林裕幸プロデューサーからの読者の皆さんへのメッセージを動画でご紹介!


ニコニコ動画で見る→bit.ly/2blUtzn

『戦国BASARA 真田幸村伝』公式ホームページ

(c) CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)