画像はサンデーうぇぶりの「ホノオ VS アンノ 島本和彦先生 × サンデーうぇぶり 絶叫企画」ページのスクリーンショット

写真拡大

漫画家・島本和彦さんの自伝的作品『アオイホノオ』の特集企画「ホノオVSアンノ」が、8月25日(木)から小学館の漫画サイト・サンデーうぇぶりで公開された。

【島本和彦『シン・ゴジラ』本も一部公開! 小学館が「ホノオVSアンノ」特集の画像・動画をすべて見る】

大阪芸術大学の同級生・庵野秀明さんの監督作品『シン・ゴジラ』に打ちのめされた体験をまとめた同人誌『アンノ対ホノオ』の一部や、現在『ゲッサン』で連載中の『アオイホノオ』で作中のキャラクター・庵野秀明が登場する回を掲載している。

島本和彦の同人誌を大特集


RE51NUEaloyfL

『アオイホノオ』1巻



島本和彦さんによる『アンノ対ホノオ』は、「シン・ゴジラを観て、どういう態度をとったら良いのか、どう打ちのめされるのが正しいのか、細かく手ほどきする」解説本。

8月12日から行われた同人誌即売会「コミックマーケット90」(コミケ90)での頒布に際してファンが殺到し、用意されていた部数は完売した。

REIMG_0026

「コミックマーケット90」(コミケ90)にて



完売直後、取材には「再販などは現時点では考えていない」とコメントしたものの、ネット上での大きな反響を受けて、8月31日(水)までの期間限定で、島本さんの同人誌通販サイト「ウラシマモト」にて再販売となった。

漫画家による個人製作の同人誌を、連載先の大手出版社がこれほど大々的に取り上げるのは異例の事態。全4回に渡って特集されるという。