日本を訪れた中国人が驚くことの1つに、日本人の交通マナーが挙げられる。中国と異なり、日本では街中で車のクラクションを聞く機会は非常に少ないが、これは日本のドライバーたちが交通マナーを守り、無理な割り込みや追い越しなどをせずに運転していることも理由の1つだろう。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を訪れた中国人が驚くことの1つに、日本人の交通マナーが挙げられる。中国と異なり、日本では街中で車のクラクションを聞く機会は非常に少ないが、これは日本のドライバーたちが交通マナーを守り、無理な割り込みや追い越しなどをせずに運転していることも理由の1つだろう。

 中国メディアの捜狐はこのほど、日本を訪れた中国人の手記を掲載し、「日本の交通事情を見て思ったのは、日本人は誰もが交通ルールを守っていたこと」だと伝え、数日間の滞在期間中に一度もクラクションの音を聞かなかったと驚きを示し、日本の交通事情は中国と大きく異なっていたと伝えている。

 記事は、日本人が交通マナーを守るだけでなく、交通事情そのものが日本と中国は大きく違うと指摘。特に「気配り」という点で大きな違いがあったと伝え、路線バスのなかには乗客の乗降時にステップの高さを低くするバスがあったと紹介。こうすることで高齢者や子どもの乗り降りが安全になると伝え、こうした気配りはいたるところに見られたと紹介した。

 また、日本の高速道路では前方で事故があった場合、電光掲示板に事故の情報を掲載することで、後続のドライバーに情報を共有すると同時に、注意を呼びかけていたと伝え、こうした仕組みはドライバーに対する気配りであると同時に、日本が交通インフラについて深く考えている証拠であるとの見方を示した。

 そのほか記事は、日本では「車線変更をするドライバーが少ないことに気付いた」と伝え、一般道であっても高速道路であっても「日本のドライバーは中国のように車線変更を繰り返しながら先行の車両を抜いていくことはしない」と紹介し、驚きを示している。中国のドライバーたちの運転が日本人に比べて荒いのは事実だろう。日本人は車線変更をしないというよりも、無理な運転をしないというのが真実ではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)