新宿区立西新宿小学校の壁に貼られた世界の料理地図。栄養士の高田曜子さんと石井成美さんが作ったものだ。「給食を通して世界の国々に関心を持ってもらえたらうれしい」と2人(撮影/編集部・深澤友紀)

写真拡大

 オリンピックやパラリンピックは教材としても最強だ。そして日本は実は、五輪教育の先進国。東京都では4年後に向けて、すでに取り組みが始まっている。

 パイプいすに座って見上げるバスケットゴールは思った以上に高くて遠い。車いすバスケットボール元日本代表の京谷和幸さん(45)は、さらに言った。

「シュートするときはひざを使うよね。でもみぞおちから下の感覚がない僕は、ひざも使えないし足も踏ん張れない。足を伸ばしたままシュートしてみて」

 東京都福生市立福生第三中学校の体育館。生徒たちは次々にゴールを狙うが、ボールは遥か手前で失速してしまう。バスケ部に所属する2年の田中景都さんは、目を輝かせた。

「初めて、車いすバスケの魅力や選手のすごさが分かった」

 2020年の東京オリンピック・パラリンピック(以下、オリパラ)に向けて、今年4月から、都内すべての公立小中高校などでオリパラ教育がスタートした。「オリンピック・パラリンピックの精神」「スポーツ」「文化」「環境」の四つのテーマに「学ぶ」「観る」「する」「支える」の四つのアクションを組み合わせた活動を、各校が年間35時間程度を目安に行う。冒頭のシーンは、アスリート派遣事業「夢・未来プロジェクト」の一コマで「スポーツ×する」にあたる。

●お題目にしない説得力

 京谷さんはプロのサッカー選手になりたいという子どものころからの夢をかなえたが、Jリーグ開幕の年の秋、交通事故で下半身の機能を失った。その後、車いすバスケと出合い、4度パラリンピックに出場。現在は車いすバスケの日本代表コーチを務めるほか、サッカーの指導者としても一歩を踏み出した。

 ともすればお題目に聞こえる「どんなときも夢を持ち続けることが大切」というメッセージも、体現者がいれば説得力を持つ。3年の田村蓮君は言った。

「英語の教科書に載っている京谷さんに会えるなんて夢のよう。僕もつらいときは、京谷さんの言葉を思い出して頑張りたい」

 オリパラ教育は、各五輪の組織委員会が内容を決め、国際オリンピック委員会(IOC)と連携して行われる。例えば、リオ五輪のテーマは「トランスフォルマ(転換)」。ブラジルの体育の授業は、施設や設備の関係からサッカー、バスケットボール、バレーボール、ハンドボールの4競技に偏る。それ以外の競技への理解が不足しているため、オリパラの競技を体育の授業に取り入れた。

 20年東京五輪のオリパラ教育は「ようい、ドン!」がテーマ。ボランティアマインドを育て、障がい者への理解や豊かな国際感覚を得ることなどを目標に、オリパラ教育が行われる。

●「整列文化」もレガシー

 実は、オリパラ教育の原点は1964年の東京五輪。筑波大学の真田久教授は言う。

「海外旅行などは高価で、ふつうの人には考えられない時代。日本人は動く外国人をあまり見たことがなかった。海外の選手をどう迎えるかが課題でした」

 学校のほか公民館でも、「街をきれいに」「外国人に道を聞かれたら親切に」といった啓蒙活動が行われた。清潔とは言えなかった当時の東京。五輪を前にごみの定期収集が始まってその環境は激変した。いまや日本人の美徳とされる「整列文化」も64年東京五輪のレガシー(遺産)だと言われている。筑波大学で「おもてなし学」を教える江上いずみ客員教授によれば、

「異文化を受け入れるとともに、日本を正しく理解してもらうことで、海外の人をきちんとおもてなししたいという思いがありました」

●普段の授業の素材に

 日本はその後もオリパラ教育の先進国。五輪開催地の学校がそれぞれ応援する国や地域を決めてその国のことを学んだり、選手らと交流したりする「一校一国運動」を始めたのは、98年の長野五輪からだ。IOCも高く評価し、いまも続いている。

 港区立御成門中学校ではオリパラ教育を機に、徒歩圏にあるスウェーデン大使館との交流を深めている。

 石鍋浩校長は言う。

「10年前と比べて子どもたちが内向きになってきた印象がある。五輪は子どもたちの目を外に向けると同時に、日本の伝統や独自の文化を見直し、自己肯定感を持つきっかけになる。生徒の興味関心の芽を育てたい」

 7月には、来日したスウェーデンの演劇家ベーント・ヘーグルンドさんと、俳優で歌手のレーナ・リンデルさんを招いたワークショップを開催。参加を希望した18人の生徒たちが、スウェーデンの俳優たちが行う集中力や想像力、互いの信頼感を高め合うトレーニングを体験した。最後にリンデルさんが言った。

「遊びみたいに思えたかもしれないけど、人間関係を築く上でお互いを知る重要なトレーニングです。ぜひ続けてみて」

 3年の河合礼子さんは、

「どれも新鮮であっという間の1時間半だった」

 と笑顔を見せて、続けた。

「東京オリンピックではスポーツを見るだけじゃなく、たくさんの経験ができそう。いろんな人たちと交流してみたい」

 だが、すべての学校でこうした取り組みができるわけではない。「年間35時間程度」はハードルが高いのではないか。この質問を新宿区立西新宿小学校の清水仁校長にぶつけると、

「特別なことを始めるのではなく、いままでやってきたことを意識づけさせたり、普段の授業で教えている内容にオリンピックの要素を盛り込んだりするだけでも十分です」

 時速を学ぶ小学6年生の算数で、陸上男子100メートルの世界記録9秒58を時速で計算したり、中学理科の「力の合成」を考える素材に砲丸投げを使ったりすればいい。オリンピックは、教科の壁を容易に越える最強の教材なのだ。

●「オリパラ応援給食」

 西新宿小では清水校長の発案で、月に1度の「オリンピック・パラリンピック応援給食」を始めている。世界各国の料理を給食に取り入れ、その国について紹介、食べた料理を写真に撮って世界地図に貼っていく。学校を訪ねると地図上には、ペルーのロモ・サルタードやタイのガパオ、中東のビリヤニ……。7月はイタリアのアマトリチャーナ。塩漬けにした肉や玉ねぎ入りのトマトソースを絡めたパスタだ。

「月に1度、普段食べないものを食べられる日がとっても楽しみ。4年後の東京オリンピックでは、外国の人ともコミュニケーションしてみたい」

 と話す6年の伊澤世奈君。食育とオリパラも相性がいい。

 都教育委員会オリパラ教育推進担当課の荒川元邦課長は言う。

「オリパラ教育は20年がゴールではない。64年東京五輪のレガシーが50年の時を超えて残っているように、新たなレガシーを残すことを目指しています」

(編集部・深澤友紀)

AERA 2016年8月29日号