【決定版】視界すっきり!メガネを劇的に曇らせない曇り止め法 

写真拡大

メガネの曇りにイライラしながら毎日を過ごしていませんか?

メガネはとにかく曇りやすいもの。そのたびにクロスで丁寧に拭いていては、きりがありませんよね。だからといって、曇ったままだと見にくいですし、見た目にも清潔感に欠けてしまいます。

そこで今回は、メガネを曇らせない様々な曇り止め方法についてご紹介します。あなたに合った方法を試してみてください。

■メガネが曇ってしまう理由

メガネが曇る原因は、大きく2つあります。

(1)水蒸気による曇り

主に気温差のある場所に移動したときや、マスクをつけているときなどに起こるのが、水蒸気による曇りです。ラーメンを食べようとして曇る……なんて場合も、水蒸気が悪さをしています。

空気には目に見えない水蒸気がたくさん含まれていますが、じつは温かい空気のほうが、冷たい空気よりも多く水蒸気を含むことができます。冷えたメガネを暖かい場所に持って行くと、レンズ周辺の空気が冷やされ、含みきれなくなった水蒸気が結露としてメガネに付着するというわけです。

マスクが曇るのも、じつは同じ原理。マスクの中の暖かい空気が鼻の隙間から漏れ、メガネに触れることで結露となり、メガネが曇ってしまうのです。

(2)油脂による曇り

私たちの指や顔がメガネに触れることで油脂がメガネに付着し、曇りの原因になります。肌以外にも、整髪料や化粧、まばたきなどによって、油分が付着することがあります。

油脂の汚れは乾拭きすると、メガネに細かな傷をつける場合もあるため、お手入れには注意が必要です。

こうしたメガネの曇りに対抗するためには、どんな方法があるのでしょう?

■マスク側を工夫する方法

鼻とマスクの隙間を減らすなどして、メガネの曇りを抑えるよう加工されたマスクを使用すると、メガネが曇りにくくなります。

こうした工夫を凝らしたマスクは、メーカー各社から販売されています。一般的なマスクに比べて割高ではありますが、鼻とマスクの隙間を少なくする仕様になっているので、息をしたり話をしたりするたびにメガネが曇る……なんてことは少なくなるでしょう。

■曇りにくいレンズを利用する方法

ラーメンを食べるときや、冬に外から暖かい部屋に入ったときなど、マスク装着時以外の曇りを改善したいなら、レンズを曇りにくい仕様のものに変えるという方法があります。

複数のメガネメーカーから、メガネを曇りにくくするレンズが販売されています。マスク同様、こちらも通常のレンズに比べて割高感がありますが、着けているだけで手間なく曇りを防止できるなら、メガネユーザーとしてこれほどうれしいことはありませんよね。

■レンズの曇り止めを利用する方法

レンズに塗布したり、特別な仕様のクロスで拭きあげたりすることで、メガネを曇りにくくすることができます。

曇り止めにはスプレータイプのものやクロスタイプのもの、クリームタイプやジェルタイプなど、様々なものがあります。手軽さを重視したいなら、レンズを拭きあげるだけで効果が期待できるクロスタイプがおすすめです。使いきりのものが多いので、衛生面も安心です。

一方、スプレータイプやクリームタイプ、ジェルタイプなど、レンズに塗布して使用するものは、曇りの原因にもなる油脂やホコリも同時に取り去ることができます。曇りを防ぐだけでなく、レンズの汚れもキレイに取り去りたいという方には、塗布タイプをおすすめします。

どの商品を購入すればいいかわからない場合は、メガネ販売店で相談してみるのがよいでしょう。

■安価に対応できる方法

これまでご紹介してきた方法だと、どうしてもお金がかかってしまいます。安価にメガネを曇らせない方法はないのでしょうか?

じつはマスクを着けている場合、メガネの中央にある鼻あてと鼻の間にマスクを挟むと、マスクが曇りにくくなります。マスク装着時にはぜひお試しください。

また、メガネは汚れているほど曇りやすいという特徴があります。そのため、定期的に汚れをクロスでキレイに拭き取ったり、メガネ洗浄機にかけたりして、曇りの原因をなくす方法もあります。

他にも、リンスや石鹸、歯磨き粉などを曇り止めの代用にするという方法もあります。しかし、メガネに何らかのコーティングが施されている場合は、はがれてしまう可能性があります。また、メガネの材質によっては、サビや耐久性を低下させる原因になる可能性もありますので、あまりよい方法とは言えないでしょう。

以上、メガネの曇り止めの方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

メガネを曇らせない方法には様々なものがあります。お金のかかる方法もありますが、ちょっとした工夫を凝らすだけで、曇りを大きく改善できることもあります。ただし、効果はお金をかけるよりも薄いという難点も。

どれか一つの方法のみを試すよりも、使い方や使用する状況に応じた方法を用いるのが良い方法かもしれません。メガネの曇りにお悩みなら、ぜひ様々な方法を試してみてください。