皆さんお待ちかねの、【働くオトコ♡】シリーズ。誰もが知っているような有名企業で、実際に働いている男性にフォーカスしてお届けしていきます。

第3弾は『エイベックス・デジタル株式会社』の星野拡さんです。早速チェックしていきましょう♡

Profile
デジテルビジネス本部 デジタルコミュニケーション部 プロデュースルーム 課長兼PRルーム 星野拡さん
生年月日: 1981年10月1日
身長:180cm
血液型:B型
マイブーム:水素カプセル×サウナ
既婚
好きな芸能人:内田有紀さん


編集部:エイベックスに入社されたきっかけは?

星野:今のdTVのもとになったBeeTVというオリジナル番組を制作してケータイで配信するサービスが立ち上がった時で、映画の配給会社に居たんですけど、映像コンテンツを扱った新たな収益モデルだなーと興味を持ったのが一番のきっかけです。新しいことへの挑戦という意味でも「やりがいがあるんじゃないかな」と思いました。

編集部:現在のお仕事の内容を教えてください!

星野:エイベックスと言うとやっぱり音楽のイメージが強いと思いますが、dTVをはじめとするデジタル上のエンタメプラットフォームを運営する部門のPR全般を担当しています。PR施策の立案や、イベント企画、SNSやメディアを使った外部とのコミュニケーションが主な仕事です。


編集部:幅広くご担当されているんですね。その中でも、いま一番注力されていることは何ですか?

星野:この夏、dTVでは、映像配信サービスとして初めてVR(バーチャルリアリティ)に挑戦しています!本格的にVR作品の制作も始動して、まずはエイベックスの強みでもある音楽コンテンツから取組みをはじめています。その目玉が、夏フェスa-nationとタッグを組んだ“ライブVR配信”です。

VRを視聴するための専用アプリ「dTV VR」も、先月7月29日にリリースしました。今年の夏は、VRを中心にPRを組み立てていくのがテーマになっています。

編集部:かなり大がかりなプロジェクトに感じますが、VRに白羽の矢を立てた理由を教えてください!

星野:dTVでは、ユーザーに常に新しい映像体験を提供していくことを目指しています。これまでも音楽ライブの生配信など、他の映像配信事業者に先駆けて様々なチャレンジをしてきました。

いま、VRは映像の新しい楽しみ方として、世の中的にもトレンドになっていると思います。

ただ、一般的には、まだまだ世の中の人たちが広くVRの魅力を知っているわけじゃないと思うんです。誰でも、より手軽に、まるで仮想世界に入り込んだような没入感や臨場感といったバーチャルリアリティの魅力を体感して欲しいと思っています。その良さをどう伝えて行くかが僕の担うPRの仕事だと思っています。


編集部:今回、a-nationとどのような取り組みをされるのですか?

星野:先ほども触れましたが、今年のa-nationのライブステージを、VR技術を駆使した360度カメラで撮影し、10月にdTVでライブのVR配信を行います。また、PRとしての目玉は、a-nationの来場者全員にdTVオリジナルのVRスコープを配布することです。コンセプトは“WE ARE PARTY ANIMALS“で、ヒョウ、キツネ、メガネザル、マンドリル、フクロウのバリエーション豊かな5種類のVRスコープを用意しました。


“パーティーアニマル”って、フェスやパーティーをめちゃめちゃ楽しむ人たちって意味で、アメリカで生まれた言葉みたいなんですけど、a-nationのライブ、そしてdTVのVRをめちゃめちゃ楽しんで欲しいという想いを込めています。

編集部:今年も a-nationが楽しみです! それでは、星野さんご自身の、今後の目標はありますか?

星野:エンターテイメント×デジタルの可能性はまだまだいっぱいあると思います。例えばあと3年もしたら、まだ世の中の誰も気づいてないようなサービスをみんなが使っている可能性もある。

エンターテイメントがデジタルと融合することで、映像でも音楽でも、常に身近に感じられて、毎日何かの感動体験がある。そんな生活を提供できるような仕事に携わっていたいですね。


編集部:とてもワクワクするお話ですね。次にプライベートについてもお伺いできればと思います。まず、平日&休日の過ごし方を教えてください!

星野:平日の仕事終わりは、同僚と飲みに行ったり、仕事関係の人と会食だったりですね。あとは、本が好きなので、1週間に1冊くらいは読んでいます。

休日は、ジムに行ったりジョギングしたり、基本カラダを動かしています。最近行けてないですが、ゴルフも大好きなので、行けるときはとことん行きます。


編集部:ちなみに、好きな女性のタイプは……?

星野:笑顔がかわいい人、笑顔が素敵な人ですかね。

ファッションやメイクに関しては、似合っていたらなんでも良いです。自分の似合う服装を分かっている人が良いですね。

 

今回の取材でVRを初めて体験しましたが、新感覚の楽しさを味わえました! 皆さんも、8月27日、28日のa‐nationで、ぜひその感動を味わってくださいね♡

程良い日焼け感が男らしい星野さん、ご協力ありがとうございました!

【関連記事】

※ イクメンなラガーマン♡雪肌精担当イケ男をチェック【働くオトコ♡】

※ 爽やか笑顔が眩しい♡コフレドール担当イケ男をチェック【働くオトコ♡】

※ 夏の夜のお共に♡編集部おすすめホラー映画・恋愛映画5選

※ ゆっくりまったり♡おうちデートで見たい映画を4レコメンド

※ 彼氏と楽しみたい♡おうちデートで見たいおすすめ映画4選!