24日、閉幕したリオデジャネイロ五輪で活躍した女子選手の中から、新浪が「10人の美女」を発表。公開プロポーズで話題になった飛び込み選手の何姿、日本からバレーボールの木村沙織選手が選ばれている。写真は何姿。

写真拡大

2016年8月24日、閉幕したリオデジャネイロ五輪で活躍した女子選手の中から、新浪が「10人の美女」を発表。公開プロポーズで話題になった飛び込み選手の何姿(ホー・ズー)、日本からバレーボールの木村沙織選手が選ばれている。

【その他の写真】

新浪の発表したリオ五輪の「10人の美女」には、中国から2選手が登場。飛び込み競技で銀メダルを獲得した何姿は、チームメートの秦凱(チン・カイ)から会場でプロポーズされたことでも話題に。もう1人は同じく飛び込み競技の選手で、シンクロナイズドダイビングで金メダルに輝いた陳若琳(チェン・ルオリン)。16歳で出場した北京五輪から数えて、今回で通算5個目の金メダルを獲得している。

日本から唯一選ばれたのが、バレーボールの木村沙織。日本代表を引っ張るベテラン選手として、中国でも知名度が高い。韓国からも1人登場し、「新体操界の妖精」ことソン・ヨンジェが選ばれた。

最多となったのがロシアだ。モデル並みの美貌とスタイルを誇るのが、走り幅跳びのダリヤ・クリシナ。体操からはアリーヤ・ムスタフィナ、ダリア・スピリドーノワの2人が選ばれている。

このほか、スイスからビーチバレーのアヌーク・ヴェルジェ=デプレ、ギリシャからエアピストルのアナ・コラカキ、開催国ブラジルからはバレーボールのジャケリネ・カルバリョが選ばれている。(翻訳・編集/Mathilda)