「失敗した暑さ対策」ランキング1位はやっぱりアレの使いすぎ

写真拡大

毎日暑いですね。「この暑さでグッタリ……」あるいは自分は元気でも「子どもや高齢者などの家族が心配」という方も少なくないかもしれません。

暑さを乗り切る為に、あなたはどんな対策をしていますか? 食べ物や服、環境改善など、色々な方法がありますが、やり方によっては、かえって体調を悪化させてしまうケースもありますよね。

『WooRis』では男女441名に“暑さ対策で失敗した経験”に関する調査をしました。その結果、“やってしまった”イタイ体験談が続々あがってきました。辛い想いをしている(いた)のは、どうやらあなただけではないようですよ!

今回は、同調査結果と海外の情報サイト『Woman’s Day』の記事などを参考に、失敗した暑さ対策をランキングでご紹介します。また今すぐ出来る解決方法もあわせてお伝えしますね。

 

■3位:水の飲み過ぎ

「美容的にも水を多めにとるのは良いと言われていたし、汗で失われた水分を補給しようと、水を沢山飲んだところ、お腹がタプタプになって、気持ち悪くなってしまった。“水を多くとって綺麗とか健康”は嘘だと実感(笑)。当たり前だけど、体質などに大きく左右される話」

3位は、水のとり過ぎ。“暑い時に水分補給”は常識である反面、摂取の仕方は、個人の体調や体質などにより変わってきますよね。

また、“水太り”という言葉があるように、一日4リットル以上の水分をとると、今度は過剰な水分摂取により循環機能が追いつかず、体内に水分が残ってしまいます。排出されるべき余分な水分が体に滞ってしまった状態は健康とは言えません。

また、スポーツドリンク類をとり過ぎると、糖質のとり過ぎで太るという問題も……。分かっていても、暑いと、つい水分を多くとりたくなりがちですが、後々具合が悪くなったり、夏太りの原因にもなるので注意しましょう!

 

■2位:冷たいものを食べ過ぎる

「冷たいスイカの食べ過ぎで、身体を冷やしてしまった」

「日頃は食べないアイスクリームのとり過ぎで、お腹を下した」

こちらも夏のお約束? 冷たいものを食べ過ぎて体調を崩す人も、依然として多いようです。冷たいもので、シャキッと一時的に身体を冷やすことは出来ますが、とり過ぎると腸の粘膜が傷つき、腹痛や下痢を起こす原因になってしまう場合も……。

また、冷たいもので一瞬は涼しくなって汗がひくものの、汗をかかないということは体内の熱をうまく発散できないことに繋がり、結果的にまたすぐ暑くなってしまうという悪循環も……。水同様、適度な摂取を心がけたいものです。

 

■1位:エアコンつけっぱなし

「夜エアコンをつけっぱなしで寝たら、朝身体がだるくて、気分が悪くなった」

「座りっぱなしの仕事なので、会社のエアコンが寒くて、夏はいつも体調が悪くなる」

“暑さ対策の失敗”1位は、エアコンでした! 「暑さに耐えきれず、つけっぱなしにした」という”うっかりやってしまった派”もさることながら、「職場環境が寒いので避けるのが難しい」という声も多数。

職場の場合、上に羽織れるものを着用したり、温かい飲み物で温めるなど、自衛するしかなさそうですよね。また、本当は好きではないけれど、暑さをしのぐ為に結果的にエアコン漬けになってしまっている方も多いでしょう。

では、最後に、今すぐ出来る暑さ対策をお伝えしましょう。

 

■今すぐ出来る解決策3つ

(1)風のトンネルを作る

まずは、窓がある部屋で扇風機を使うお手軽な方法。小さいものでも良いので2台用意します。

1台は、風を感じられる窓に(外側に向けて)置きスイッチオン。もう1台は、それと対照的な位置に置いて、同じくスイッチオン。これで、空気がうまく循環され、風のトンネルが出来ます。

昼は暑いので、窓を開けておいてもOKな環境なら、夜がお勧め!

(2)冷凍シャーベット

オレンジ、ぶどう、みかん、すいか、トマト、ブルーベリーなど、フルーツや野菜を使って自家製シャーベットを作ってみましょう。

自宅にある(すぐに購入出来る)食材を使って自家製シャーベットを作るのはリフレッシュにもなりますよ。ネットでレシピを調べれば、作ったことがない方も簡単にトライ出来ます。

(3)夏こそ早起き

夏場は、いつも以上に満員の通勤電車にウンザリしている方も多いですよね。混んだ車内は冷房が効いていてもムワッとしているもの。これを避ける為にも、夏こそ早起きして、ラッシュ前の電車を利用しましょう。

夏は朝が気持ち良いので、冬よりは早起きしやすいシーズン。快適なスタートを切る為にも、早起きして会社近くのジムで軽く汗を流してから、涼しいカフェで朝食など、健康的なパターンかもしれませんね。頑張れば、自転車で行ける距離の場合、自転車通勤に代えてみるのもありです。

 

いかがでしたか?

暑いのは変わらないけれど、やり方次第で快適に過ごすことは出来ますよね。お伝えした情報も参考に、暑い夏を乗り切りましょう!

(ライター 秦野理恵)

 

【関連記事】

※ タイマーは3時間27℃設定で!「寝苦しさ回避」の正しい冷房の使い方4つ

※ お腹の冷え…だけじゃない「暑い夏に冷た〜い飲み物」がNGな理由3つ

※ 暑い・ダルい・食欲ない…夏バテ予防に「全力で摂りたい」野菜3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ ウソ、痛くない!? 日本初「通い放題」の脱毛サロンが話題

※ 酵素やスムージーを超える?山田優も愛飲、全米大ブームのコンブチャとは

※ たったこれだけ!? メラニンを防ぐ日焼けに負けない美肌の作り方

 

【姉妹サイト】

※ 第2回BizLady×日本女子経営大学院のキャリアアップセミナー募集開始

 

【参考】

※ 8 Easy Ways to Stay Cool In the Summer Without an Air Conditioner - Woman’s Day

 

【画像】

※ わたなべ りょう / PIXTA(ピクスタ)