甘くて食べちゃいたくなるシュガースクラブ!顔もボディも肌スベスベに

写真拡大

「キレイの先生」編集部の山田です。

 砂糖を大さじ4。そこに、ココナッツオイル大さじ1を入れて、ハチミツを小さじ1加える。よく混ぜ合わせたら出来上がり!トーストに乗せてもおいしそうですよね‥‥でも、これ食べ物じゃないんです。シュガースクラブの作り方です。

 スクラブとは、古くなった角質を取り除くことをいいます。お肌をスベスベにする効果があります。

 砂糖でスクラブを手作りできると聞いて、エステサロンの先生に取材させていただきました。

 砂糖には保湿力があるのでシュガースクラブは水に溶けやすく肌にもなじみやすいんです。そして、赤ちゃんにも使えるほど、肌にも優しいのです。

 アロマ(精油)を入れて、自分の好きな香りで作ることができるのも魅力です(精油は5〜6滴が目安です)。

 また、材料のココナッツオイルは他の植物油(例えば、ホホバオイルなど)を使うこともできます。

 シュガースクラブは、肌が濡れている状態で使うため、お風呂でお使いになるのがおすすめ。砂糖が溶けて肌になじんだら、最後に水で洗い流します。

 顔や肘、膝、足裏など、全身に使うことができ、唇の皮剥けのケアにもなります。

 私もお風呂で使ってみて、お肌がスベスベになりました。口にちょっと入ると、甘くておいしいのも嬉しいです。

 肌にも甘くておいしいシュガースクラブは、簡単に手作りできて、おすすめですよ。

キレイの先生 http://kireinosensei.com/