23日、中国商網は、日本が韓国を上回り、中国人観光客に最も人気の旅行地になっていると報じた。写真は中国人に人気の白神山地。

写真拡大

2016年8月23日、中国商網は、日本が韓国を上回り、中国人観光客に最も人気の旅行地になっていると報じた。

日本政府観光局が発表した7月の訪日中国人の数は、前年比26.8%増の73万1400人に達し、単月として過去最多を記録した。記事は、「この現象は偶然ではない」と指摘。米ブルームバーグと中国出境遊研究所(COTRI)が7月に発表した統計で、今年第1四半期に個人旅行で日本を訪れた中国人が91万人を超え、韓国(73万5000人)を逆転したことを紹介した。昨年の同じ時期、個人旅行で日本を訪れた人は45万人で、韓国を訪れた人は67万人だった。わずか1年で見事な大逆転劇を見せたといえる。

では、その理由は何か。記事はまず、ショッピングの面から比較する。日本を訪れる中国人の主な層は若い女性だ。今年第2四半期に日本を訪れた中国人の4割以上が20〜30代の女性だった。そのため、日本では家電に代わって化粧品の売り上げが大きく伸びたという。記事は、「韓国は旅行者に“化粧品大国”と認識されていたが、その地位は(日本に)取って代わられつつある」としている。

また、今年に入って円高が続いているにもかかわらず、訪日中国人観光客が増え続けていることも注目すべき点だ。中国の旅行サイト・中青旅遨游網の徐暁磊(シュー・シアオレイ)氏は、「旅行の目的地を決める要素はさまざま。日本は1980年代から観光業の基礎があり、各地の景色が豊かであるほか、アニメなどの日本文化も中国で浸透している。こうした面では、韓国などの国が短期間に日本を越えるのは不可能だ」と話しているという。

一方で、成長が目覚ましい韓国は、価格こそ安いものの、日本ほど観光地に魅力があるわけではない上、レストランで期限切れの食品が提供されていたことが発覚するなど、旅行の“質”の面で問題があることが指摘されている。

徐氏は、「韓国の免税店は、ソウルや済州島を除けば集客力が足りない。日本の店の方が選択肢が多く、商品の種類も豊富」と語っている。また近年、多くの韓国製品が中国市場に流入していることも関係があるようだ。日本から帰国したある旅行者は、「日本の化粧品の質は韓国製よりも良い。それに、韓国ブランドの化粧品は中国でも買える。日本の化粧品は現地でしか買えないものもある」と話している。(翻訳・編集/北田)