映画は静かに観るもの、という固定概念をブチ壊した「発声可能上映」。さらに、8月24日に映画館「新宿バルト9」で女性限定の発声可能上映が行われた。今回はハッシュタグ「#女性限定鑑賞会議」の付いたツイートから、現地の模様をお送りしたい。

 上映に先立ち、うちわやサイリウムを自作するユーザーが多数。これは映画鑑賞イベントである。念のため。

 今回のイベントはコスプレもOK。破壊される側と破壊する側が、仲むつまじく記念撮影している。

 もちろん出演者のコスプレも多数。

 当日は出演者の市川実日子や松尾諭、塚本晋也、片桐はいりが登壇。会場のボルテージはMAXに。

 取材で来場した記者もメモを取りながらペンライトを振っていたらしい。

 上映中は、黄色い声援や話しかけるような発声、BGMに合わせての手拍子など、アイドルのコンサートさながら。

 あまりに楽しそうなツイートが多く、男性のなかには性転換を考えるユーザーもいるほど。これほどに盛り上がる「発声可能上映」は今後、映画鑑賞の楽しみ方のひとつとして定着しそうな勢いだ。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら