グローバル人材紹介会のヘイズでは、世界25か国、1万1500人を対象にした女性活躍推進に関する意識調査を実施。日本では430人が回答しており、主な項目として、「同一労働同一賃金」「機会均等」「自己アピール」「昇進意欲」などの項目で男女別の意識を調査している。

各調査項目において直属の上司の性別が回答にどのように影響しているかを見てみると、直属の上司が女性の場合と男性の場合では、回答に約30ポイントもの差が生じており、女性ロールモデルの存在で、部下の女性に好影響がもたらされていることが明らかとなった。

女性活躍推進に関する意識調査

■同じ労働に対して性別に関係なく同一の賃金が支払われていると思いますか?に「はい」と回答

日本では男性66%、女性50%が「はい」と回答。世界平均では男性78%、女性56%となった。日本の結果を直属の上司の性別ごとに見ると、直属の上司が女性の場合は73%が同一賃金に「はい」と回答したのに対し、男性が直属の上司の女性は半数以下の45%が「はい」と、大幅に下がっている。

女性活躍推進に関する意識調査 女性活躍推進に関する意識調査

■性別に関係なく平等な機会が与えられていると思いますか?に「はい」と回答

日本では男性60%、女性47%が「はい」と回答した。世界平均は男性77%、女性55%となった。日本の結果を直属の上司の性別ごとに見ると、直属の上司が女性の場合は77%が「はい」と回答。男性の直属上司を持つ女性は半数以下の41%が「はい」と回答している。

女性活躍推進に関する意識調査 女性活躍推進に関する意識調査

文/編集部