中国は外資企業の導入を通じて自動車産業を発展させようとしてきた。しかし、中国の自動車市場は技術力の高い合弁メーカーにシェアを押さえられ、中国の自動車メーカーは思うような発展を遂げられていないのが現実だ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国は外資企業の導入を通じて自動車産業を発展させようとしてきた。しかし、中国の自動車市場は技術力の高い合弁メーカーにシェアを押さえられ、中国の自動車メーカーは思うような発展を遂げられていないのが現実だ。

 これまで中国車は日系車をはじめとする合弁メーカーの車を模倣していると批判されてきたが、近年はSUV市場を中心に販売台数を伸ばす中国車も現れている。それでも中国車の品質はまだ低品質という評価が一般的であり、中国メディアの捜狐は「なぜ中国メーカーは良い車を造れないのか」と疑問を投げかけている。

 記事はまず、中国の自動車メーカーが近年、合弁メーカーの技術を消化吸収することで技術力を高めていると主張。中国の自動車メーカーには資金もあるはずなのに「中国の消費者は中国車の品質に対して今なお疑問を持ち続けているのが現実」と指摘し、その理由は「自動車とは単なる鉄の塊ではないため」と論じた。

 続けて、中国車には「ブランドがない」と指摘し、フェラーリが高級車の代名詞であり、日本車が燃費が良く高品質の代名詞であるようなブランドが存在しないことが中国車が直面する最大の問題であると論じた。

 記事が指摘しているとおり、中国車に「ブランド力」がないのは事実だろう。ブランド力は品質や機能が消費者に認知されることによって形成されるものであり、どのような車作りを目指すかによってブランドの内容は大きく変わるだろう。高品質と言えば日本車やドイツ車を連想し、「低品質」と言えば中国車を連想する人が多いのが現実だろう。高品質や高級というブランドを構築するのは容易ではなく、中国車にとってはコストパフォーマンスが良い車というブランドイメージを狙うのが現実的ではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)