24日、韓国の朴槿恵大統領による公式の任命を受け、かねてより警察庁長官に内定していたイ・チョルソン氏(58)が第20代韓国警察庁長官に就任した。写真は韓国の警察施設。

写真拡大

2016年8月24日、韓国・聯合ニュースなどによると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領による公式の任命を受け、かねてより警察庁長官に内定していたイ・チョルソン氏(58)が第20代韓国警察庁長官に就任した。任命を前に行われる人事聴聞会でイ氏の飲酒運転の前科が明らかになり、野党議員などから辞退を求める声が強まっていたが、結局、政府と大統領が押し切った形になった。

朴大統領は23日までにイ氏に関する人事聴聞経過報告書を送付するよう国会に求めていたが、野党の反対により報告書の採択が行われなかったため、大統領府が人事聴聞会法に則り内定者任命の手続きを進めた。人事聴聞会法によると、国会は人事聴聞要請書が提出された日から20日以内に聴聞手続きを終えなければならず、国会が聴聞報告書を送付しない場合、大統領は10日以内の期限を定め報告書の送付を要請することができる。また、定められた期間内に報告書が送付されない場合、大統領は候補者を任命することができる。

イ氏は人事聴聞会の中で、1993年に飲酒運転で摘発され罰金100万ウォン(約9万円)の処分を受けた上、身分を隠し警察内部の懲戒を免れていたことが明らかになった。野党はイ氏の就任辞退を求めたが、大統領府は、イ氏が23年前の事件について繰り返し謝罪と反省の意を示し、95年に赦免されていることから辞退の必要はないと判断していた。

これについて、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「これからは飲酒運転は罪じゃないってことね」
「北朝鮮の核より朴槿恵の方が恐ろしい」
「芸能人だって飲酒運転したら番組を降板するのに。芸能人よりだらしない警察庁長官とは…」
「不道徳な政権だということを認めたね」

「原則もルールも消えた」
「飲酒運転の前科は何の障害にもならないんだな。むしろ昇進に有利になるかも」
「警察はこれからどうやって飲酒運転の取り締まりをするの?」
「前科者を任命するなんて、法治も地に落ちたな」

「予想通り。国民全員が駄目だと言っても、ある1人が決めたらそうなるんだ」
「なりふり構わず突き進むってことだな。もう朴大統領を弾劾するしか手はない。国民を完全に無視する大統領など必要ない」
「自分が至らないなら、周りの人くらいちゃんと選んだらどうだ」(翻訳・編集/吉金)