MCI 5つの定義(週刊朝日ムック『すべてがわかる 認知症2016』より)

写真拡大

 物忘れが多くなり、できないことが増えてくると不安になるものです。近年は医学的に
認知症予備軍を診断できるようになり、早期から対策をとれるようになってきました。週刊朝日ムック『すべてがわかる 認知症2016』で紹介した、認知症を予防する方法を特別に公開します。

*  *  *
 認知症はある日突然発症するわけではなく、徐々に進行していきます。このため、まだ認知症にはなっていないけれど、年齢相応の認知機能レベルより低下している時期があります。こうした健常と認知症の境目にいる時期を軽度認知障害(MCI)といいます。認知症との大きな違いは、全般的な認知機能は正常で、日常生活に支障をきたすほど認知機能は低下していないという点です。

 厚生労働省の推計では、MCIの人は約400万人いるとされています。しかしすべての人が、すぐに認知症へと進行していくわけではありません。長期間MCIの状態を維持したままの場合や健常に戻る場合もあります。けれどもMCIを放置すると5年間で約50%の人が認知症を発症するといわれています。5年以内に認知症になるのか、ゆるやかに認知症になっていくのか、健常に戻るのか……その分かれ道の一つとなるのが積極的に予防に取り組めるかどうかです。お多福もの忘れクリニック院長の本間昭医師はこう話します。

「認知症になってからではなくMCIの段階で診断するメリットは、本人が病気のことをよりきちんと理解できるという点です。個人差はありますが、病気を受け止められると、予防に取り組む意欲につながりやすいのです」

 認知症を予防する一つの方法が、MCIの人が低下しやすい「できごと記憶」「注意分割機能」「実行機能」の三つの認知機能を鍛える方法です。

 できごと記憶は体験したできごとの記憶なので、日記をつけることがトレーニングになります。その日のできごとを日記に書けるようになったら、次は昨日のできごと、その次は一昨日のできごとというように、難易度を上げていくことがポイントです。

 注意分割機能は複数のことを、注意を配りながら同時にする機能を指します。このため右手と左手で違うことをする脳トレや歩きながら会話をするというように、二つか三つのことを同時にするトレーニングが役立ちます。

 実行機能は段取りを考えて実行する能力のこと。架空の旅行の計画を立てる、料理をする人なら季節ごとに新しいレシピを考えるといったことがトレーニングになります。

 このような認知症予防プログラムは、地域でも実施されています。MCIの段階でこうした場に参加して人と交流することは、認知機能を高めることにもつながるのです。

 また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病は、認知症のリスクを高めることがわかっています。このため、MCIと診断されたら生活全般を改善することも大切です。

 MCIと診断されても、残念ながらそれを治す治療薬は、現在のところありません。だからこそ、積極的に予防に取り組む意味があります。

 MCIの診断や治療は「物忘れ外来」や「認知症外来」などを標榜している医療機関で受けられます。診断のために必要な検査は、問診や、認知機能低下の有無や程度を調べる認知機能テスト、脳画像検査、血液検査などです。

 本人が気になって受診する場合もありますが、まずは家族や周囲の人が「最近物忘れが多いけれど認知症ではないか」と不安になって本人を受診させる場合が多いでしょう。この場合、本人が受診を嫌がることもあります。

「『認知症』や『病気』という言葉を使われると、本人は否定したくなるものです。『最近物忘れがあるけれど、これ以上ひどくなってほしくないから一度病院に行こう』というように、認知症や病気という言葉は使わずに伝えることが大切です」(本間医師)

(取材・文/中寺暁子)

※週刊朝日ムック『すべてがわかる 認知症2016』より