21年ぶり新作で復活する「ミカンせいじん」

写真拡大

1990年代の子ども番組で放送され、一世を風靡したシュールなキャラ「みかんせいじん」が完全新作で復活する。

【写真を見る】シュールなキャラやストーリーに、バブル時代同様、私たちは和んだりカワイーと反応できるのだろうか

「ミカンせいじん」とは、みかんから腕と脚が生えたような謎のキャラクター。「ミカン星からやってきた地球侵略を企む宇宙人」という設定で、笑っているようで無感情な独特の表情と、コミカルな動き、シュールなストーリーから人気を集めた。1992年〜1994年にフジテレビで放送されていた子ども向けバラエティ番組「ウゴウゴルーガ」内のCGアニメコーナーで人気を博しており、アラフォー以降の男女には懐かしいキャラのひとつではないだろうか。

今回放送される「ミカンせいじん現わる」は1話約20秒のショートアニメで、「ミカンせいじん」のよく分からないシュールな生態を観察できるという。木曜深夜放送の『#ハイ_ポール』90分の枠の中で、約20秒の超ショートアニメを数回放送。21年前の自分を思い出してしみじみ見たり、初めて見る世代の感想を聞いてみてもおもしろいかも。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】