【グルメ】誰も知らない名物「武蔵野うどん」がマジウマ! 誰も知らないけど

写真拡大

全国にはたくさんご当地特産のうどんがあります。香川県の讃岐うどんや山梨県の吉田うどん、秋田県の稲庭うどんなどなど、うどんが好きな方なら聞いたことがありますよね。そして、東京や埼玉にも郷土料理といわれる“ご当地うどん”があることをご存知でしょうか。

『武蔵野うどん』がウマいらしい



そのご当地うどんは『武蔵野うどん』と呼ばれていて、東京西部や埼玉県を中心に広まっています。讃岐うどんに代表されるように、うどんといえばツルツルとした食感がおいしいものですよね。

ところが、武蔵野うどんは全然ツルツル感がないのです。それでも、好きになる人は本当に好きになるのが武蔵野うどん。全国で開催されているうどんのフードフェスやイベントなどでも近年注目されているのだといいます!

実際に食べてみることに!





記者も東京都西部の出身なのですが、幼少期は毎週のようにじいちゃん手作りの武蔵野うどんを食べさせられていました。そのくらい生活に根付いていた武蔵野うどん。しかし最近ではすっかり食べる機会がなくなってしまっていたので、久々に食べに行ってみることにしました!

今回足を運んでみたのは東京都小平市にある『小平うどん』というお店。人気があるということは事前の調査で把握できていましたが、平日の昼間にもかかわらずお店の外にも順番を待っている人がいたのにはビックリ。まるで人気ラーメン店のようです!

並んでいる人たちは若干ご年配が多いような印象を受けました。昔ながらの味を求めている人が多いのでしょうか。

肉汁うどんを注文



まずは入口の食券機で食券を購入してから列に並びます。武蔵野うどんといえばやはり『肉汁うどん』が基本。醤油がきいた濃い目の肉汁に、冷たいうどんをつけて食べるのが武蔵野うどんのオーソドックスな食べ方でしょう。



ちなみに今回訪問した小平うどんでは細かく麺の量が選べるのですが、なんと1キロまで食券が用意されていたのには驚きましたね。

これが武蔵野うどんだ!!



そして店内に入って食券を渡すと、それほど待たされることなく肉汁うどんが運ばれてきました!



おおっ! そうそうこれこれ! これこそ昔よく食べていた武蔵野うどんそのままだ!

麺の色が黒っぽい



何も知らずに武蔵野うどんを注文してしまった人は、まず麺の色に驚くことでしょう。



うどんといえば真っ白な色をしているものですが、武蔵野うどんはほんのり黒っぽくくすんだ色をしているのです。これは胚芽なども一緒に挽いた、地粉と呼ばれる小麦粉を使用しているためで、一般的なうどんよりも色が濃くなり、さらに味も小麦の風味が非常に強くなっているのです。

肉汁の色も超濃厚





そして肉汁の色も醤油の原液と勘違いしてしまうほど濃くなっています。味も見た目の通りで、かなり醤油がきいた濃厚な味わい。関西方面のうどんや、さぬきうどんなどはダシの風味が強くなっていますが、武蔵野うどんは醤油でゴリ押しした感じになっているので、それらとはほとんど別モノだと言えるかもしれませんね。

昔ながらのシンプルな味





それでは、いよいよ久しぶりの武蔵野うどんをいただくとしましょう。……うん、懐かしい! 小麦と醤油と肉の味がストレートに口の中で広がります。余計なものは一切入っていない感じのシンプルな味付けは昔のまま。素材の味がすごくよくわかる味付けなのです!

小麦の風味がスゴい!





肉汁はかなり濃い目に作られているはずなのですが、そんな肉汁にうどんを浸しても、うどんからかなり強烈に小麦の味が感じられるのもスゴいです。普通のめんつゆでは完全にうどんに負けてしまうから、肉汁をかなり濃い目に作っているのでしょう。

小麦の風味をかなり強烈に味わえるという点では、他のうどんとかなり差別化できている点だと思います。武蔵野うどんのファンはこういった部分にハマるのではないでしょうか。

最後はうどん湯のダシ割り



うどんをすべて平らげたあとは、肉汁にうどん湯を入れて『ダシ割り』を楽しみます。パンチの効いた醤油味がまろやかな口当たりに一変し、体の中からホッと癒やされるような味わいです。



久しぶりに食べた武蔵野うどんでしたが、大人になってから食べるといろいろな魅力を再確認できるものですね。とてもおいしくいただけました。

好き嫌いは分かれやすい



今回は東京都小平市のお店に足を運んでみましたが、武蔵野うどんのお店は東京都西部や埼玉にかけてかなりたくさん存在します。好き嫌いは分かれやすいと思いますが、いつも食べているうどんとは全然違う味を堪能できることは間違いありません。興味のある方はどうぞお試しください。

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/