24日、中国の幼児・子ども向けキャンプに「未来のCEO(最高経営責任者)養成課程」が登場し、保護者の注目を集めている。海外メディアも中国の厳しい受験戦争に絡めてこれを大きく取り上げている。写真は中国の子ども向け乗馬教室。

写真拡大

2016年8月24日、中国の幼児・子ども向けキャンプに「未来のCEO(最高経営責任者)養成コース」が登場し、保護者の注目を集めている。海外メディアも中国の厳しい受験戦争に絡めてこれを大きく取り上げている。参考消息網が伝えた。

「子どもを私たちにお預けください。未来のビジネスリーダーをお返しします」。これは中国の子ども向けキャンプのキャッチコピーだ。23日付のオーストリア紙ディ・プレスは、このフレーズが中国の小さい子どもを持つ親たちを夢中にしていると指摘する。

このキャンプは、3〜12歳の子どもを対象に、企業経営者が備えるべき能力を養成するものだ。週に1〜2コマで、費用は年に5万元(約75万円)と安くはない。

夏休みを利用した子ども向けサマーキャンプでも、金融知識や乗馬、「忍耐のスポーツ」ゴルフが学べるコースが人気だ。

ディ・プレスは「中国では幼少時から18歳の大学受験まで激烈な競争が続く。名門大学に進むための競争は、3歳から始まる」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)