ポールダンスというと、多くの人がすぐにスタイル抜群で、セクシーなロングヘアの女性を思い浮かべることだろう。しかし四川省成都市のポールダンスコーチの王建さんは爽やかなイケメンだ。

写真拡大

ポールダンスというと、多くの人がすぐにスタイル抜群で、セクシーなロングヘアの女性を思い浮かべることだろう。しかし四川省成都市のポールダンスコーチの王建さんは爽やかなイケメン。王さんにはポールダンスで事業を立ち上げるだけでなく、もう一つ壮大な夢がある。それはポールダンスをオリンピック種目にすることだ。華西都市報が伝えた。

【その他の写真】

江蘇省出身の王さんは90後(1990年代生まれ)で、19歳のときから独学でポールダンスを始めた。それから成都に渡り、現在まで何年もオーナー兼コーチとして働いてきた。不屈の努力を続け、王さんは2015年に中国ポールダンス選手権大会の1級審査員となり、全国大会審査委員を担当し、中国ポールダンス界の実力派ルーキーと称されるようになった。この6年で王さんは1000人以上の生徒を育て、その多くが全国ポールダンス選手権大会で金賞を受賞している。最高齢でポールダンス大会の金賞を獲得した70代の戴大麗さんもその一人だ。

王さんは、「ポールダンスは子どもの遊びなどではなく、れっきとした競技スポーツだ」とし、「短期的な目標としてはポールダンスの優秀な人材を育成し、プロのポールダンスチームを作り、世界ポールダンス選手権に出場させることだ。最終的な目標として、競技ポールダンスを普及させることで、ポールダンスをオリンピック種目にすることだ。道のりは長いかもしれないが、私が生きているうちにオリンピック種目になることを願っている」と語った。(提供/人民網日本語版・編集YK)