長友佑都

写真拡大

24日放送の「あいつ今何してる? 2時間SP」(テレビ朝日系)で、サッカー日本代表でインテル・ミラノ所属の長友佑都が、サッカーをはじめるきっかけになったという初恋相手を明かした。

番組では、長友の思い出に残る同級生の今を追った。長友が、スタッフとの打ち合わせで真っ先に名前をあげたのが、初恋相手だったという山本絵里加さんだった。当時6歳の長友は、好きだった山本さんにモテたくて、サッカーをはじめたのだというのだ。

番組の取材で、山本さんは現在、愛媛・松山市でインターナショナル保育園の園長として働いており、市内のマンションでひとり暮らしをしていることが分かった。

山本さんは、自宅に小学校時代の同級生を招くと、当時の長友の様子を振り返った。実は長友の初恋相手だったと知らされた山本さんは「マジで!?」と驚きの表情。スタジオの長友も「うわー、恥ずかしいこれ」と、照れ笑いを浮かべた。

長友がスタッフとの打ち合わせで「たぶん、この子がいなかったらサッカーはやっていない」と話していた様子のVTRを見た山本さんは「サッカーをはじめたきっかけぐらいな感じで言ってくれて、ちょっと嬉しいです」と笑顔で答えていた。

しかし、当時の長友が、山本さんを好きだったことに、山本さんはまったく気がついていなかったのだという。小学校では、女子の中でリーダー的存在だったという山本さんは、長友に対してライバル心があったそうで「気になる相手ではあるけど、恋心ではなくって…」と、当時の心境を語った。

最後に長友へのメッセージを求められた山本さんは「今も、覚えてくれてたことが嬉しいと感じました。当時の私の良きライバルが、実は恋心を抱いてくれてたっていうのはビックリ」「世界で活躍する姿を観たら、すごい刺激になるし。佑都くんが頑張ってるから私も頑張ろうみたいな。当時のライバル心は今も持ち続けています。これからも応援しています」と笑顔で語っていた。

VTR後のスタジオでは、長友が現在の山本さんの仕事ぶりを労うと「今まで、いろいろな取材で『好きな人がきっかけで、サッカーをはじめた』って言ってたんですけど、名前まで言ったことがなかったので。嬉しかったです、僕自身も」と、満足気にコメントしていた。

【関連記事】
平愛梨 「ヒルナンデス」で長友佑都との交際をイジられる「アモーレさん」
小木博明 長友佑都と交際する平愛梨を心配「だまされてなきゃいいけど」
藤木直人が25年間忘れない同級生からの酷評を明かす「横顔はいいけど…」