24日、韓国メディアによると、北朝鮮が24日に日本海で発射した潜水艦発射弾道ミサイルは、通常よりも高い角度で発射されたことが分かった。この報道に、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は日本海の地図。

写真拡大

2016年8月24日、韓国・聯合ニュースによると、北朝鮮が24日に日本海で発射した潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)は、通常よりも高い角度で発射されたことが分かった。

韓国軍当局によると、同日発射されたSLBMは約500キロ飛行したが、通常の角度で発射された場合は射程が1000キロ以上になるという。北朝鮮が高角度で発射した背景には、日本を最大限刺激しないようにする意図があるとみられている。SLBMは日本の防空識別圏内に落下した。

また、軍当局はSLBMが高度400キロ以上に達し、50キロの上空からマッハ10の速度で下降したと分析。韓国への配備が決まった米国の高高度防衛ミサイル(THAAD)は高度40〜150キロから最大マッハ14の速さで弾道ミサイルを迎撃できるため、THAADの迎撃範囲内にあると判断している。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「日本を恐れるくらいならミサイルなんて発射するな」
「国民にサード配備を納得させるため、韓国政府が北朝鮮に金を渡してミサイルを発射させたのでは?」
「北朝鮮が兵器開発の実力を磨いている間、韓国は言い訳の実力を磨いてきたようだ」

「北朝鮮がまた日本を威嚇したから、韓国の親日政府は気が気でないのだろう」
「なぜサードを配備する?日本に飛んでいくミサイルを韓国の上空で撃ち落とすため?」

「サードは後方からの攻撃を防ぐことができない。北朝鮮が潜水艦で移動し、韓国の南方から発射した場合はどう対応する?」
「北朝鮮よりも韓国の無知が恐ろしい」(翻訳・編集/堂本)