ハーレー・ダビッドソン、2017年モデルを発表! ビッグツイン9代目となるMilwaukee-Eightエンジンを搭載。

写真拡大

ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役:スチュアート・ファレル 以下、HDJ)は、ハーレーダビッドソン9代目のBig TwinとなるMilwaukee-Eightエンジン、および2017年ツーリングファミリーのための全く新しいフロント&リアサスペン ションを発表。同時に、2017年モデル全32モデルを2016年8月24日(水)より全国のハーレーダビッドソン正規販売網にて販売を開始する。

【ギャラリー】harley-davidso2017 (17枚)


新開発のMilwaukee-Eightエンジンは、ハーレーダビッドソンの歴史を物語るBig Twinの9代目となる。これまでのBig Twinエンジ ンを受け継ぐ見た目、サウンド、フィールと、エンジンの性能をあらゆる側面から見直し、さらなる改良を加えるために、ゼロから設計された。

クラシックな45度のV-Twinを踏襲したMilwaukee-Eightエンジンは以前のモデルに比べ、ピークトルクが約10%向上し、4バルブシリンダーの採用により吸気/排気流量が増加。Milwaukee-Eightエンジンのカウンターバランサーがアイドリング時の一次振動を75%相殺している。V-Twinならではのフィーリングはそのままに、高速走行で滑らかな走りを実現している。さらに、全てのMilwaukee- Eightエンジンに新しい熱制御対策を施したことで、ライダーとパッセンジャーの快適性が改善された。

Milwaukee-Eightエンジンは、標準モデルに搭載される「Milwaukee-Eight 107 (1745cc)」と「Twin-CooledTM Milwaukee-Eight 107 (1745cc)、Custom Vehicle Operations (CVOTM)モデルに搭載される「Twin-CooledTM Milwaukee- Eight 114 (1868cc)」の2種類の排気量が用意されている。

そして、快適性、操作性、パフォーマンスを高めるために、フロント&リアサスペンションのコンポーネントを刷新。全ての2017年ハーレーダビッドソンツーリングファミリーに搭載される。新しくなったエマルジョン技術採用リアショックアブソーバーは、一代前のツーリングファミリー標準モデルに比べ、プリロード調整幅が15ー30パーセント増えており、また油圧式のプリロード調整がダイアルひとつで行えるようになった。フロントサスペンションには新しいShowaのSDBVTMサスペンション技術を導入し、軽量化したレーシングスタイルのカートリッジ フォークが優れた減衰力を発揮する。

●Milwaukee-Eight搭載モデル
<TOURINGファミリー>

ストリートグライドスペシャル、 ロードグライドスペシャル、ロードグライド ウルトラ、ウルトラリミテッド、ウルトラリミテッド ロー、ロードキング

<CVO>

CVO ストリートグライド、CVO リミテッド

<Trike>

トライグライド ウルトラ、フリーウィーラー

さらに、2014年1月の発売以来、日本国内においても普通自動車MT免許で 乗れることや独特のスタイリング、実用性の高さ等が話題を呼んでいるトライクに、ニューモデルとして「FREEWHEELER(フリーウィー ラー)」が登場。
エンジンには、新型のMilwaukee- Eight 107ci(1,745cc)エンジンを搭載。低速トルクでの鋭い加速が特徴。さらに直径49mmのフロントフォークや調節可能なリアサスペ ンションによりスムーズなライディングを実現している。その他にもアップデートされたエキゾーストシステムによる迫力のエンジンサウンド をはじめ、スラッシュカットマフラー、12インチ(30.4cm)のミニエイプハンガー、Enforcerアルミニウムホイールとフルフェイスヘルメット2個を収 納できる大容量カーゴスペースの採用により、実用性の高いクラシッククルーザースタイルに仕上がっている。

全ダイナファミリーに、 Twin Cam 96(1584cc)エンジンに代わり、TM Twin Cam 103TM エンジンが搭載され、排気量1,689ccにアップグレード。



また、昨年に引き続き、ソフテイルファミリー全モデルにもTwin Cam 103TMエンジンを標準搭載。Screamin' Eagle Twin Cam 110TM エンジンを備えたSシリーズとともに、クルーザーラインナップを構成する。


そして、2017年モデルのハーレーダビッドソンStreet750は、ABS (アンチロックブレーキシステム)を標準装備とし、タンクバッジ と、ビビッドブラックデラックスやファイヤーレッドデラックスを含む新しいツートン塗装オプションが用意されている。

2017年モデル全32機種は2016年8月24日(水)より全国の正規販売網にて販売を開始。 また、10月8日(土)より、全国の正規販売店にてディーラーオープンハウスを開催する(開催日は、販売店により異なるのでで、ホームページにて確認を)。

■ハーレーダビッドソン公式サイト