米ニューヨークの市場調査機関「NOPワールド」によると、中国の1週間当たりの平均読書(活字媒体)時間は8時間で、インド、タイに次いで世界で3番目に長いことが分かった。

写真拡大

米ニューヨークの市場調査機関「NOPワールド」によると、中国の1週間当たりの平均読書(活字媒体)時間は8時間で、インドの10時間42分、タイの9時間24分に次いで世界で3番目に長いことが分かった。

中国メディアの新浪が22日伝えたもので、米国は5時間42分で、調査対象30カ国・地域のうち、真ん中から少し下に位置している。日本は4時間6分、韓国は3時間6分で最下位を争った。(提供/Bridge・編集/Akutagawa)