いま注目すべき「スポーツテック」スタートアップ

写真拡大

サッカーのデータ分析で成功を収めたスタートアップWyScoutから生まれたインキュベイターが、スポーツの世界にハイテク革命をもたらすために動き出している。イノヴェイションはサッカーから、すべての種目にやって来る。

「いま注目すべき「スポーツテック」スタートアップ」の写真・リンク付きの記事はこちら

マーシャルアーツからバレーボール、さらにはビーチバレーまで。あるいは、熱狂的ファンのためのソーシャルネットワークから芝生のグラウンドの高度なメンテナンスまで。WyLabがプレ・インキュベイションと事業の加速化のプログラムのために選んだスタートアップ企業には、世の球技に寄与するたくさんのアイデアがある。

「未来のスポーツ」を実現するスタートアップたち

WyLabは、サッカーのスカウティングを専門とする世界で最も有名なプラットフォームで、すでに500以上のクラブに利用されているWyScout(オンラインで行うサッカーのスカウティング)を運営するチームが生み出した。

WyLabが支援するプロジェクトは、スポーツの世界にテクノロジーを応用することに焦点を当てている。

今春の募集では、70以上のプロジェクトの応募があった。WyLabがベースをおくイタリアだけでなく、米国やフランス、スイス、オーストラリア、さらにはアルゼンチンから届いたプランもあった。その後、最も有望な30のプロジェクトが、3、4月に開催されたピッチイヴェントでプレゼンテーションを行った。

選ばれた最初のスタートアップ企業のひとつが、Fightecだ。彼らがつくるウェアラブルデヴァイスはボクシングやマーシャルアーツのアスリートのためのもので、彼らの能力に関する情報をリアルタイムで送信できる。より正確にいうと、Fightecがつくるのは「センサーを備えたアンダーグローヴ」で、加速度やインパクトの強さ、指ごとの打撃の配分などを計算できるという。

ソーシャル、画像解析、ドローン

BeaBeacherは、まったく違うジャンルでのプランを抱いている。彼らが用意しようというのは、ビーチバレーの愛好者のために考案されたウェブプラットフォームだ。スポーツセンターやイヴェントの開催者のために開発されたサーヴィスで、これを利用することで、試合やその他のイヴェント情報にモバイルで簡単にアクセスできるようになる。BeaBeacherは、スペースの空き時間を管理するサーヴィスの提供も視野に入れており、これによって利用率を最適化したり、あるいは各チームが仲間や対戦相手を見つけることで、すべてのビーチバレーコミュニティが拡大すると考えている。

Triboomは、ソーシャルネットワークのロジックを活用することで、観衆の体験を向上させようとしている。彼らのプラットフォーム上では、各クラブが自分たちの考えたイヴェントへのサポーターたちの参加を促し、クラウドファンディングのような資金集めのツールを介して経済的にもより大きな支持を受けられるようになるという。

SeTTEXが提供するのは、バレーボールにおいて、チームが自らのゲーム戦略をリアルタイムで最適化できるようになるタブレット用アプリだ。MOViDAは、センサーなしで撮影したシンプルな動画から、自動的にあらゆる動作データ(例えば軌道や数値など)を抽出することを可能にし、アスリートたちがその動きを改善できるようにしようとしている。

Wesiiのアイデアは、特殊なドローンを使ったもので、ピッチのメインテナンスがより効果的になるような芝生の分析を可能にする。芝生が光を反射する放射スペクトルを測定して、肉眼では見えないピッチの状態に関する情報を取得しようというものだ。

開発する場所がある

「プレ・インキュベイション期間は、5月に始まり4カ月続きます。この期間に、個々のスタートアップのプロジェクトを詳細に評価します」と、WyLab所長のステファノ・タンボリーニは説明してくれた。「その期間を経て選ばれたプロジェクトは、1年間のインキュベイションプログラムへと進むことになります。いま、スタートアップたちは、WyLabのスタッフと一緒にアイデアを洗練させ、ビジネスプランを掘り下げるべく動いています」

現在、WyLabの1,500平方メートルの拠点には、約60人ほどのデヴェロッパーやデジタル・スポーツマーケティングを手がけるフリーランスの専門家も迎え入れられている。

「秋には、さらなるアイデアを集めるべく、新たな募集を行います」と、ステファノ・タンボリーニは語った。「そして来年からは、できることならプレ・インキュベイションの期間を短縮して、年に2回の開催としていきたいと考えています」

RELATED