【風水検定/第4回】仕事運アップのために捨てるといいものは?

写真拡大

――風水はいろいろあって難しい……そんな人に贈る風水検定。楽しく覚えて開運しましょう!

【風水検定】バックナンバーはこちら

 風水では、不要なものを捨てることが運気アップにつながるとされています。仕事運を上げるためには、何を捨てたらいいか知っていますか?

【問題】
 仕事運をアップさせたいときに、捨てるといいものは?

A:はき古した靴
B:ぬいぐるみ
C:古雑誌

 あなたはどれを選びましたか? さっそく答えを見てみましょう。

仕事運アップのために捨てるといいのは、「C:古雑誌」

★古雑誌を捨てて運気を刷新しよう
 仕事運を上げるには、発展を促す「木」の気を増やすことが大事になります。紙でできている新聞や雑誌も「木」の気を持つアイテムですが、古い情報が掲載されたものを置いたままにしておくと、その場の気も古びてしまうのです。雑誌はそのときの最新情報を得るものですから、古雑誌を捨てることで新しい情報=旬な運気を呼び込めます。仕事においても、チャンスをうまくつかんでスムーズに進めることができるでしょう。

ほかの物を捨てると……?

A:はき古した靴……出会い運アップに
 風水では、靴は新しい出会いを運んでくれる重要なアイテムです。そのため、汚れた古い靴をいつまでもはいていると、運が停滞していい出会いが起きにくくなってしまいます。新しい靴はその人を運のいい場所へと連れてってくれますから、古い靴を捨てることで恋愛のチャンスが増えるでしょう。また、玄関や下駄箱のいらない靴も減らすことができるので、新しい気も入ってきやすくなり、運気アップにつながります。

B:ぬいぐるみ……パワー不足を防ぐ
 生き物と同じ形をしている人形やぬいぐるみは、住んでいる人とともに家の運気を分け合っています。そのため、たくさん飾っているとその家のいい気を吸い取られてしまい、パワー不足になりがちです。ぬいぐるみを処分、または減らすことで、家の発展運を保つことができ、新しいチャンスも逃すことなくつかめます。また、家族の数が少なくなりますから、金運のダメージが減り、経済的に楽になる場合もあるでしょう。

 「古いものを捨てる」ということは、これまでの運気を刷新して新しい気を呼ぶことにつながります。最近いいことがない、何だかついていない……という人は、ぜひ試してみてくださいね!
(AYAKO)