既婚男性が明かす、彼女にしたいタイプVS奥さんにしたいタイプ

写真拡大

世の中には、付き合う相手と結婚相手をわけて考える人もいますが、その二者にはどんな違いがあるのでしょうか? 既婚男性100人に、彼女にしたいタイプ、奥さんにしたいタイプについて聞いてみました。
彼女に求めるのは、見た目、刺激、甘え上手!
まずは、彼女にしたいタイプから見てみましょう。ズバリ、顔という声多し! 加えて、刺激や甘え上手、適度にわがまま、など男性の願望がモリモリあふれ出ています。彼女=期間限定のお付き合いという割り切りが見え隠れする結果に。

­

・「彼女に求めるのは顔、顔、顔ですね! 付き合っていて気分が良い!」

・「見た目が華やかで、体の相性がいいことがいちばん!」

・「まわりがうらやむようなルックスであること。加えて、男を振り回すわがまま系ならなおよし」

・「彼女にするなら綺麗で連れて歩きたくなるタイプを選びます。性格とかは二の次」

・「彼女にしたいタイプは単純に顔が好みの子、結婚とかではないので一番そこが重要です」

・「陽気で一緒にいて楽しい人や、セックスの相性がいい人」

・「彼女は刺激を与えてくれる子。逆に奥さんなら刺激はいらないデス」

・「可愛いこと、遊びに行っても楽しんでくれる、甘えてくれる」

・「彼女にしたいタイプは、わがままな子。単純に可愛らしいと思ってしまうからです」

・「彼女は“見た目”と“楽しさ”だけでOK。それ以外は正直求めていません!」
奥さんに求めるのは、家庭的、安定感、常識
奥さんには顔や刺激よりも、家事が得意なことや安らぎを与えてくれることなどを求めている男性多数! 彼女に求めるものとのあまりのテンションの違いに「オイオイ」と突っ込みたくなりますが、とりあえず意見を見てみましょう。

­

・「奥さんは、ある程度自立し精神的に強い人がいいですね」

・「『堅実』であること。長い間一緒に過ごすので、それが大事だと思います」

・「従順なタイプ。自分にだけ尽くしてくれそうと思うからです」

・「安らぎを与えてくれる子。理由は長い間一緒にいる奥さんには、心の安定が欲しいから」

・「妻にしたいのは金銭感覚が堅実で常識をわきまえた人」

・「奥さんにしたいタイプは几帳面な人。可愛くなくてもいいので、家事がバッチリできる人がいいです」

・「料理が美味い、Hの相性が良い、性格が温和! ず〜〜〜〜〜と一緒にいる相手だから」

・「喜びも悲しみも常に共有できる懐の深さを持っていて、体の相性がいいこと」

・「奥さんには家事が得意で子供が好きなタイプがベスト」

・「家庭的な子。子供とかを持つとなおさら大事さを感じます」
理想の彼女=理想の奥さん
そもそも彼女、奥さんでわけていない、「理想の女性像」が確立しているという意見も。

­

・「彼女にしたいタイプと奥さんにしたいタイプは同じかも。一緒にいてくつろげる人が好きです」

・「どちらも基本的には同じ。容姿はかわいい方が良いですが、最も重要な点はやさしさや思いやりがあることだと思います」

・「両者とも共通して『人として魅力あること』です。でないと話していてもつまらないので」

・「あげまんな人。夫をたててくれて中尾アキラと池波志乃のような関係を保てる人」

・「おしとやかで男性を立ててくれるタイプがいいです。自己主張ばかりの女性はつかれますから」

・「つとめて笑顔でいてくれる人。お互いイライラするようなことや問題にあたっても、笑顔を心がけることがポジティブな解決につながると思うから」

・「愛嬌。周囲のだれとでも笑顔でつきあえる女性のほうが、一緒にいて人生が楽だから」

・「月並みですが、昼は淑女、夜は娼婦というタイプがぐっときますね」

­

こうして回答を並べると、男性ってすごく自分勝手に思えてきますが、女性に同じ質問をしてもきっと同じような内容になるはず。でも、理想を思い描く分には自由なので、いろいろと妄想するのを楽しむのもいいのかも…!

­

文/松本玲子

※暮らしニスタ編集部が既婚男性100人を対象に行ったアンケート調査より

­

写真© beeboys - Fotolia.com