ディアンドル型ジョッキ

写真拡大

横浜赤レンガ倉庫でオクトーバーフェストが行われる。期間は2016年9月30日(金)〜10月16日(日)までの計17日間。

「オクトーバーフェスト」は、ドイツ・ミュンヘンで1810年から行われている、世界最大のビール祭り。横浜オーバーフェストは、開催地となる「横浜赤レンガ倉庫」がドイツの建築様式を一部に取り入れた歴史的建造物であることから、本場ドイツに限りなく近い雰囲気を楽しめるオクトーバーフェストとして 2003年から開催されている。

今年はバイエルン州・ニュルンベルグで350年の歴史を持つテューハー醸造所と、世界ビアソムリエチャンピオンが手掛けるリーゲレ醸造所のビールが日本初上陸。

その他にも、ドイツ政府から公式にオクトーバーフェストのための醸造を許可された「ミュンヘン 6 大醸造所」から、5 つの醸造所が出店する。そのうちの一つであるバイエルン州・ババリアン地方伝統製法のラガービール「アウグスティナー エーデルシュトッフ」も日本初上陸。

オクトーバーフェストのために作られた限定のフェストビアを含め、この時期、この会場だけのラインナップでがそろう。過去最多となる130 種類以上のビールを楽しもう。

また、ビールとあわせるフードは、現存するドイツ最高位マイスター(ハム職人)であるロー・シャイダー氏監修のソーセージや、伝統の郷土料理であるアイスバインやリンダーブラーテンなど、ドイツらしいメニューが盛りだくさん。ビアカクテルやシャンパンなど、ビール以外にも様々なメニューを提供する。

会場は、横30メートル、縦メートルの巨大なメインテントと。ウッドデッキのスペースなどを合わせて、最大 2652席を配置する。テント内には本場ミュンヘンのオクトーバーフェストにならい、ドイツ定番のお菓子「プレッツェル」と「レープクーヘン」の装飾を随所にあしらう。

今年初めての取組みとして、日本有数のホップ産地である岩手県遠野市とキリン株式会社によるビールの里づくり「TK プロジェクト」の一環として、遠野産のホップを蔓ごと装飾に用いる。その他、遠野産ホップ使用のクラフトビールや遠野パドロン(野菜の一種)を使ったフードを販売する。

<開催期間>
2016年9月30日(金)〜 10月16日(日)計17日間
(荒天・強風の場合、休業することがあります)

<時間>
平日 12:00〜21:30(9月30日のみ 17:00〜21:30 まで)
土日祝 11:00〜21:30 ※飲食の販売終了時間は 21:00

<場所>
横浜赤レンガ倉庫イベント広場
(神奈川県横浜市中区新港一丁目1番)

<座席数>
テント内 948 席 テント外 984 席
フリーエリア 720 席 ※土日祝のみ 合計 2652 席

<入場料>
300 円(飲食代は別途)
※中学生以下無料。デポジット(ジョッキ預かり金)が別途必要。
未成年者は保護者の同伴が必要。

<ステージ>
「WOHO&KALENDAR BAND(ヴォーホー&カレンダーバンド)」
ドイツ楽団が、音楽や踊りで本場さながらの雰囲気を再現。
※出演スケジュールは 9 月上旬公開予定の横浜オクトーバーフェスト特設サイトにて

(2016年8月21日時点の情報)